日本の映画スタジオが暗号に触発されたシリーズを発表-サイアムブロックチェーン

日本の映画スタジオである野間は、暗号通貨の世界に基づいた3本の長編映画の制作を発表しました レトリックのスター 現在生産中であり、2024年にリリースされる予定です。

野間の創設者でシリーズのプロデューサーである伊藤太一は、三部作は創造的なストーリーテリングを通じて暗号業界を教育することを目的としていると言います。 彼らのチームは、受賞歴のあるビットコイン(BTC)の専門家でサウンドデザイナーのセフィカーメルと協力しています。 彼は、次の映画「レトリックスター」が視聴者が暗号について学ぶ「方法を変える」と確信しています。

この映画は、東京を拠点とするブロックチェーン会社GraconeのCEOである藤本舞と、日本の出版社CoinPostのエグゼクティブディレクターである中辻亮によって制作されました。 一方、ポケモン、フェアリーテイル、デーモンスレイヤーなどの人気アニメを手がけてきた日本のアニメーター、ゴーズ春菜がアニメ映画を指揮します。

映画のサウンドデザイナーであるセフィ・カーメルは、「チームは、「創造的でアクセスしやすい」方法で暗号の専門家のアイデアを主流にするシリーズを作りたかった」と述べた。彼は光栄に思った。チームと世界が進むにつれて興奮しました。 「ブロックチェーン、暗号通貨、NFTなどを活用した仮想の未来」

2月に、ブロックチェーンゲーム会社のアニモカが日本に子会社を立ち上げ、ドラゴンボールや僕のヒーローアカデミアなどのアニメのコンテンツを含む日本のコンテンツをNFTに変換しました。 同社はまた、ゲーム、アート、スポーツのコンテンツも調査しています。

4月、日本最大のソーシャルメディアアプリラインが日本のエンターテインメント企業吉本興業と提携してNFTマーケットプレイスをオープンし、プラットフォームがユーザーに最大40,000のNFTを提供することを期待しています。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。