日本の警察は「安倍」のセキュリティ対策を受け取ります

日本の警察は「安倍」のセキュリティ対策を受け取ります

奈良県警の鬼塚知明委員は、セキュリティ対策に欠陥があることを認め、安倍晋三前首相がキャンペーンスピーチを行っている間に後ろから撃たれた。

「私たちのセキュリティシステムに問題があることは否定できません。 それが緊急事態を扱っているのか、それとも人の能力を扱っているのか、私たちはまだ知りません。 しかし、全体としては問題であり、あらゆる角度から調査する」と述べ、安倍首相の暗殺は、警官としての27年のキャリアの中で最大の後悔の一つだったと付け加えた。

事件のビデオを見た一部のオブザーバーは、彼が話している間、警官は安倍の後ろの広場に注意を払っていないように見えたと述べた。

京都府の元捜査官である樋口文和氏は、この写真は、イベントの治安が弱く、元首相にとって不十分であることを明らかにしたと述べた。 そして、射手が動くことを許された理由は調査されなければなりませんでした。 安倍さんの後ろを自由に追いかけました。

評論家はまた、ピッチでの安倍首相の演説は、キャンペーンカーに立つよりも感性を増すと述べた。 政治家が現場を訪れた場合、これは通常の行動であることが多いが、キャンペーンカーの準備が間に合わなかったと報告されている。 奈良を訪問する安倍のスケジュールがあまりにも急いでいたので。

日本大学の危機管理教授である福田満氏は、問題があることは明らかだと述べた。 警察は主に正面の監視に焦点を合わせているように見えるからです。 そして、背後にあるものにはほとんど注意を払わないでください。 さらに、容疑者が安倍氏に近づくのを止めた人は誰もいなかった。

福田氏は、選挙運動は有権者が政治家と緊密に交流することを可能にする、と述べた。 戦後日本では政治テロ行為は非常にまれだからです。 しかし、安倍首相の暗殺は、安全対策のさらなる強化を促した可能性があります。 キャンペーンでもスポーツイベントでも大勢の人での活動

安倍首相の検死後、警察は次のように述べた。弾丸は安倍首相の左上腕を貫通した。 鎖骨の下の動脈を損傷します。 それは彼が死んだほど彼を出血させました。

日本の新聞朝日は、射手、山上徹也が京都の倉庫でフォークリフトを運転した従業員であったと報じました。 彼の同僚は彼を穏やかな人だと説明した。 誰ともイチャイチャすることはめったにありません

そんな中、山上と同じアパートの隣人が言った。 山上さんに会ったことはありません。 でも、のこぎりを何度か使ったのを聞いたのを覚えています。 去年の6月の真夜中

日本の通信社共同通信は、山上氏が母親に寄付を使い果たした宗教的カルトに憤慨していると報じた。 したがって、彼が日本のカルトを安定させた人であると信じていた安倍氏を殺そうとしています。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。