日本の首相官邸の外で男性が焼身自殺し、安倍首相の国葬に反対



今朝(9月21日)、東京での政府による「国葬」の最中に男が火をつけた後、東京の岸田文夫首相官邸で男が火をつけた. 今月末の安倍晋三元首相. .

全身にやけどを負った男性は病院に搬送された。 消火を手伝おうとした警官も負傷した。

日本のメディアは、70 歳の男性が発見されたとき「意識不明」だったと報じています。 しかし後に警察に、彼は故意に自分自身に油を注ぎ、火をつけたと話し、現場の近くで元首相の国葬に言及した手紙が見つかった. 著者曰く、9月27日に開催。 “強く同意しない”

日本の警察も事件に関する情報提供を拒否した。 安倍首相の68歳の誕生日の記念日に起こった。

日本の松野弘和官房長官は報道陣に対し、「警察が火傷を負った男を近くで発見したことを知りました。 政府の建物と一緒にいて、警察が捜査していることを理解しています。

7月8日に奈良県で行われた選挙演説中に暗殺者に撃たれる前に、健康上の理由で2020年に安倍首相が大統領に就任することを発表しました.

日本政府は 9 月 27 日に安倍首相の国葬を執り行う予定で、その際には約 6,000 人の外国の指導者や日本の要人が参列する予定です。

しかし、多くの日本人は国葬に反対しています。 彼は、安倍首相の死は、一部の人々が「統一教会」と呼んでいる統一教会との自由民主党(LDP)の密接な関係に直接関係していると述べた. 「ムニ派」と同じく元首相を射殺したシューター。 彼は、母親が疲れ果て、安倍が組織を助けたと信じるまで、母親が教会にお金を費やしたことに怒りからそれをしたことを告白した.

この問題は、岸田首相と自民党にとって大きなモンスーンとなる。 そして今月初め、党は世論調査を発表し、党の379人のメンバーの「ほぼ半数」が統一教会と関係があることを発見した. あれやこれやで

最近、日本で行われたいくつかの世論調査で、ほとんどの人が安倍首相の葬式のあり方に「反対」していることが明らかになった. 岸田首相の人気も急落した。

週末に行われた毎日新聞の世論調査によると、国葬を支持する日本人はわずか29%で、8月から6ポイント減少した。アナリストは、首相が前に進むために支持を動員するのは「難しい」レベルだと述べた. 一方、自民党の支持率は6ポイント低下して23%にとどまっている。

岸田は彼の決定を弁護しようとした。 しかし、ほとんどの日本の有権者は依然として彼の説明に反対している. また、元指導者の葬式のために国に納めるのに必要な税金の額について疑問を投げかけた. 多くの人々が経済的汚染のために苦しんでいる間。

日本政府は国葬の予算を16億5000万円(約4億2600万バーツ)に設定しており、これには式典に参列する外国指導者の接遇費と監護費が含まれている。

出典:ロイター

Tajima Setsuko

「情熱的な旅行ファン。ゾンビのスペシャリスト。ゲーマー。内向的。熱心なビール忍者。音楽愛好家。完全なウェブ中毒者。筋金入りのトラブルメーカー。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。