日本の 3 人目の大臣が 1 か月足らずで辞任し、岸田政権の安定を揺るがした。 人気率が急落したところ

日本のファイリング内務大臣である寺田稔氏は昨日(11月20日)、一連の資金調達スキャンダルへの関与の責任を負うために辞任した。 1カ月足らずで辞任した大臣は3人目。

寺田氏の辞任は、支持率が急落した岸田文夫政権を揺るがした。 7月の安倍晋三前首相の暗殺以来。 加害者は、安倍首相が宗教団体を助長したと主張した。 彼は母親を破産させ、家族を引き裂いた「統一教会」になりました。

岸田市の与党自由民主党 (LDP) は、その議員の多くが宗教団体と深く長年にわたるつながりを持っていることを認めた。 どの批評家がカルト宗教とみなすか

これに先立ち、山川大志郎経済復興相が統一教会との関係を理由に10月24日に辞任し、続いて羽梨康弘法務相が辞任した。 職場での責任を軽減しようとしたというコメントに直面した後、11月中旬に辞任した. 特に執行猶予の場合。

寺田氏と塙氏の辞任は、PLD内で親岸田派に属しているため、特に影響が大きいはずだ。

また、寺田が辞職したことが判明した。 岸田首相が罷免の準備を進めていると地元メディアが報じた後、 いくつかの資金調達スキャンダルに巻き込まれた寺田氏は、彼の支持者の 1 人が明らかに故人によって署名されたように見える資金調達文書を提出したことを認めた.

岸田氏は寺田氏の辞任を受け入れ、下院での閣僚討論を優先したことを明らかにした。 来年3月期

三大臣の辞任は、岸田政権に深刻なダメージを与えた。 日本の多くの世論調査機関が実施した世論調査によると、最近の支持率は 30% 未満です。 そして、さまざまな政治プログラムを遂行する際に困難に直面する可能性があります。

岸田氏は、三大臣辞任の真相を問う記者の質問に「国民に謝罪したいだけ」と答えるなど、

「それは大きな責任だと思う」と岸田氏は記者団に語り、水曜日に寺田氏の後継者を指名する予定であることを明らかにし、NHKは岸田氏が松本武明元外相を指名する可能性が高いと報じた

画像:STR/時事通信/AFP

参照:

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です