日本の8つのカラー展望台からの壮大な景色を体験 – ANNGLE TH

日本には、さまざまな季節の休暇に最適なカラフルで風光明媚な場所がたくさんあります。 今日は、赤、オレンジ、黄、緑、青、紫、ピンク、白のメインカラーで彩られた、友達に一度は訪れてもらいたい日本の絶景スポットをご紹介します。生活。

赤い展望台:風間つつじ公園のツツジ

まずは皆さんにご紹介する最初のポイント、赤の展望台から。 笠間つつじ公園、笠間つつじ公園 この公園は茨城県にあります。 笠間つつじ公園は、赤く染まる絶景の観光スポット。 毎年開催される有名なつつじまつりもあり、全国から人が集まります。 高台にあるため、眼下に広がる赤いツツジを眺めることができます。

風間つつじ公園の魅力は、25種8,500株ものツツジが一面に咲き誇ること。 訪問者は、ここであらゆる色合いのツツジの美しさを鑑賞できます。 おすすめの見頃は4月中旬から5月中旬の開花時期。

所在地:茨城県風間市風間616-7
営業時間:午前8時~午後6時

オレンジ展望台:宍道湖に沈む夕日

次におすすめするのは、美しいオレンジ色のサンセットビューポイントです。 宍道湖 島根県の北東に位置する宍道湖。 宍道湖は夕日の名所としても有名で、日本の夕陽百選にも選ばれており、ここに来れば至る所で美しい景色を見ることができます。 東側から見るとロマンチックな風景が広がります。

ここで最高の夕日の視点は、湖のほとりにテラスと歩道があるトルバ (とるば) と呼ばれます。 夕暮れ時には、夕日が最高のヨメカ島の美しいシルエットを見ることができます。 秋から冬にかけて、天気の良い日は太陽がよく見える時期です。 夕日がオレンジ色に染まる壮観な光景は、見る者に一生忘れられない感動を与えるでしょう。 オレンジには、ストレスを和らげ、気分を前向きにする効果があるとも言われています。 ストレスを感じているなら、ここで夕日を見に行ってみてください。 友達ができて、本当にリラックスできて、ポジティブなエネルギーが湧いてきます。

場所:島根県松江市袖志町5
営業時間:24時間営業

黄色い展望台:昭和記念公園

黄色のベルヴェデーレに行く 国営昭和記念公園、昭和記念公園 in Tokyo これは日本の主要な国立公園の 1 つです。 この公園は、11 月に見事な黄色のイチョウ並木が見られるというユニークな特徴があり、両側にイチョウ並木が並ぶ通りに友人が訪れます。 毎年多くの人が訪れる「黄金のトンネル」は、夜のライトアップも。 とても美しくロマンティックな雰囲気です。 気軽に遊びに行きたいカップルにぴったり。

所在地:東京都立川市緑町3173
勤務時間 :
3月1日~10月31日 午前9時30分~午後5時
11月1日~2月末日 午前9時30分~午後4時30分
4月1日から9月30日までの土・日・祝日は、午前9時30分から午後6時まで開館します。

緑の景勝地 白神山地

次はグリーンビューポイント 白神山地 (白神山地, 山地) 青森県南西部と秋田県北西部にまたがる広大な山岳地帯です。 約13ヘクタールに及ぶ常緑のブナ林で、世界最大級の森林です。 この森にはシャモアをはじめ、さまざまな動植物が生息しています。 この森の生態系は昔のままの美しい姿を保っています。 1957年には日本初の世界遺産にも登録されました。また1993年には

また、白神山地にはトレッキングルートがあり、初心者でも大自然を間近に感じながらハイキングを楽しむことができます。 あなたの友人が自然の豊かさと美しさに興味を持っているなら。 ここへの訪問をお見逃しなく。

場所:青森県中津軽郡西目屋村田代神田61-1(観光センター内)

ブルービューポイント:国営ひたち海浜公園

青いベルヴェデーレに行く 国営ひたち海浜公園ひたち海浜公園 茨城県にあります。 ここの見どころは、丘一面を鮮やかなブルーに染め上げるネモフィラの花の絶景。 毎年4月中旬から5月上旬にかけて美しい景色を見ることができます。

ネモフィラガーデンは「みはらしの丘」と呼ばれる小高い丘の上にあり、ネモフィラの丘の丘を背景に海のような青空を眺めることができます。 ここでしか見られない美しい風景です。 東京から日帰りで車で約2時間。 機会があれば、ネモフィラの花の美しさを忘れずに訪れてください。

所在地:茨城県ひたちなか市馬渡大沼605-4
勤務時間 :
3月1日~7月20日 午前9時30分~午後5時
7月21日~8月31日 午前9時30分~午後6時
9月1日~10月31日 午前9時30分~午後5時
11月1日~2月末日 午前9時30分~午後4時30分

パープルビューポイント:河内富士藤園

そして、紫色の視点をお勧めします 河内藤園、河内藤園 北九州市にあります。 福岡県 約9,000平方メートルの敷地に全長200メートルの藤のトンネルがあり、日本一を誇る花のトンネルです。 外国人観光客がSNSに写真を投稿したことで話題となり、紫色の名所として有名になりました。

見どころは藤のトンネル。 友達が人混みを避けたいと思ったら、紫色の世界に包まれているように感じるほど独特です。 開園後に訪れたほうが歩きやすく、写真も撮りやすいのでおすすめです。

所在地:福岡県北九州市東区八幡郡河内2-2-48
営業時間:午前8時~午後6時

ピンクの視点:東藻琴芝桜公園

会う予定 東藻琴芝桜公園(ひがしもこと芝ざくら公園、しも公園) 北海道網走市 日本有数の芝桜の名所です。 広大な敷地にピンク色の芝桜が咲き誇る美しい景色を仲間と見られる場所で、見頃は例年5月中旬です。 満開のピンク色の芝桜が小高い丘にピンクのじゅうたんのように広がる光景は、まさに絶景です。

宿泊用バンガローとカートを備えたキャンプ場もあります。 釣り堀と温泉 家族でのお出かけにぴったりのスポットです。

所在地:北海道網走区東藻琴末広大曽393
営業時間:午前8時~午後5時

白い展望台:蔵王スノーモンスター

そして最後の視点にたどり着いた これが白い視点です。 蔵王スノーモンスター (蔵王、王の樹氷) 冬にしか見られない美しい白亜の景色で知られています。 そのうちの 1 つは、悪魔のように見える雪に覆われた松の木であるスノー モンスターでした。 とても珍しい自然現象です。 気温や天候、氷点下など様々な要因に左右されるため、見渡す限り雪に覆われた木々や真っ白な氷が夢の世界のように見渡せます。

ここを訪れる利点は、ケーブルカーを利用できることです。 ウィンタースポーツを愛するすべての人へ。 おすすめの見逃せないものの 1 つは、凍った木々を眺めながらスキーやスノーボードをすることです。 また、毎年大勢の人が集まる重要な冬祭りがあります。 夜はライトアップされ、昼とはまた違った美しい景色が楽しめます。

場所:山形県山形市蔵王温泉

この記事では、日本にある8つの美しい色の景勝地を紹介しました。 もちろん、それはほんの一部です。 いい眺めもあります。 日本には他にもたくさんの場所があり、皆さんの体験を待っています。 機会があれば、ぜひこれらのビューポイントにも足を運んでみてください。 もちろん、誰もが良い経験と印象を持っているでしょう。

の内容の要約 nta.co.jp

作者:ンセン

Hino Kou

「どこにでもいる動物の友達。コーヒーマニア。腹立たしいほど謙虚なソーシャルメディア愛好家。音楽中毒者。主催者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です