日本は、ロシアに取って代わるのではなく、より多くのエネルギーを提供するためにアラスカに目を向けています

デポマット-日本は、エネルギーが豊富な米国の州であるアラスカに関心を持っています。 ロシアの石油とガスの輸入を減らしようとしている間

外交官は(6月9日)ロシアによるウクライナの侵略を報告します。 ロシアに対する世界的な制裁と競争の激化はすべて、日本の電力危機の要因です。 そしてそれは、気候変動に関連するエネルギー需要を満たす国の能力に圧力をかけます。 これは数十年続きます

ここ数ヶ月のロシアのエネルギー輸入の停止。 日本にロシア以外の(すべてが置き換わるわけではない)エネルギー源を探すことを強いるとともに、エネルギー資源からの炭素排出を削減する努力。

最近、岸田文雄首相とジョー・バイデン米大統領が東京で会談した。 ロシアの輸入への依存を減らす方法について話し合う。 米国とのエネルギー協力の拡大

しかし、日本はまだ既存のロシアのLNG源を放棄する準備ができていません。 6月7日に採択された政府の年次報告書は、日本が日本にとって「重要なエネルギー源」であるサハリン1およびサハリン2プロジェクトに引き続き参加することを確認した。

日本の財務省からの情報によると、米国は2021年に日本で4番目に大きいLNGサプライヤー(日本のLNG輸入の10%)であり、ロシアは日本で5番目に大きい(日本からのLNG輸入の9%​​)。 アメリカ。

これに関連して、6月の今月初め、アラスカ州知事のマイク・ダンレヴィ氏が日本政府の代表者と話をしました。 東京の公益事業会社およびその他の利害関係者アラスカから日本への天然ガスの輸出、およびブルー水素やグリーン水素などの他の新しいタイプの持続可能なエネルギー源の輸出について話し合う。

ダンレウィは次のように述べています。「アラスカと日本は、戦後のLNGの最初の輸出のために50年以上前にさかのぼる商業的パートナーシップを持っています。 そして西側の同盟になります。

Dunlevyの知事としての2回目の海外訪問です。 彼は、将来の日本とアラスカのエネルギー協力である、ニキスキーアラスカの東京への最初のLNG出荷の50周年を祝うために、2019年に初めて来日しました。 日本の長期的な電力不足問題を緩和する可能性を開発することは興味深い主題です。

ますます高価になる輸入品への日本の依存を減らし、これらの炭素排出量を減らすために日本政府によって検討されている他の措置これはまた、エネルギー資源を節約し、原子力および他の再生可能エネルギーの使用を増やすよう国民に求めることを含む。 民間部門も、発電プロセスにおける炭素削減を検討するためのシェル-東京ガス-大阪ガス協定などの措置でこの課題に対応しています。 地熱エネルギーを使用するための新技術の使用

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。