日本は毎秒1.02ペタビットの新しいデータ送信記録を打ち立てました。これは10万倍の速さです。

日本は毎秒1.02ペタビットの新しいデータ送信記録を打ち立てました。これは10万倍の速さです。

ニュースをフォロー、フォローをタップ、ライブニュース

次のロード 6月4日に報告された ネットワーク研究所国立情報通信技術研究所 日本のICTは、世界初の1.02ペタビット/秒のデータ伝送速度を実証することに成功しました。 マルチコアファイバ(MCF)、マルチコア光ファイバ

少しおなら

ペタビット(PB)はデータの単位を指し、ペタビットは100万ギガバイト(GB)に相当し、新しい家庭用インターネットの速度を、今日の市場で最速のインターネットサービスよりも100,000倍速くする可能性があります。

1秒あたり1ペタビットは、1秒間に8Kストリーミングで1,000万チャンネルに相当し、世界中からのライブストリーミングを実質的に中断することなく簡単に実行でき、1.02ペタビットは高速で移動します。 毎秒32マイル(毎秒51,499.08メートル)を超えると、毎秒127,500ギガバイトのデータを送信できます。

少しおなら

(代表的な画像:ロイター)

研究者がペタビットの速度をテストしたのはこれが初めてではありません。テック大手のIntelは以前、東京2020オリンピックをブラジル、日本全土、およびそのオフィスから生放送しました。 米国のインテルから(招待制のみ)

最新のICT統計は、以前の試みよりも高速であるだけではありません。 ただし、標準の光ファイバーケーブルを使用してデータを送信することもできます。これは、すぐに大規模に展開できるテクノロジーです。

関連ニュース:
クールなタイのインターネット世界で3番目に強力なホームインターネットと最も安い価格

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です