日本は食べ物を味わうためにテレビ画面を発明し、テレビの試食テレビは新しい経験を開きます遠く離れていても学ぶことができます.

日本人のモノづくり力は他の追随を許さないと言われています。 また、2021年の世界ランキングで13位にランクインした革新的な国でもあります。最近、日本は遠くからでも味見できるテレビを発明しました。

明治大学の宮下豊明准教授は、画面越しに食べ物を味わえるテレビを発売した。 フレーバーを味わえるテレビで、ミヤシタは10フレーバーボックスを使用し、フレーバースプレーをテレビ画面からスプレーできるようにします. 彼は、売却された場合、価格は約 875 ドルまたは約 29,260 バーツ、またはほぼ 30,000 バーツになると述べました。

宮下先生曰く、テレビ試飲の目的はここにありました。 これは、さまざまな場所のレストランで食事をするという経験を人々に与えることを目的としています。 世界では、体が家にいても、彼はまた、スクリーンを通してフレーバーエアロゾル技術を作る可能性について実業家と話し合った. 彼は食べ物にもっと風味を加えていると思った. マスターミヤシタは、COVIDのこの時代は、人々が人々をより結びつけるための技術を開発しようとするよう促した.

この食べ物を味わうことを可能にするテレビの仕事。 私に何ができる?

まず、チョコレートなど、食べたいものを画面で注文すると、テレテイストTVが、その時々に使う画面から、食べたいフレーバーを吹き飛ばします。 この機械は、センサーを使用して食品を好みの味に調理します。 デジタルメニューで料理を味わうことができます。 このマシンのおかげで、食事に合わせたワインを勧めるソムリエや醸造学者を訓練することができます。

食べ物の味を知るためのクイズ、プレイするゲーム、ランダムなフレーバーから選択するものがあります。 機械の外側にあるクラッカーを通してお好みのフレーバーを添えて、クラッカーを通して食べ物を味わうことができます。 友達とビデオ通話をして、チャットしたり、食べ物を味わったりできます。

映画を見たり、好きな音楽を聴いたりするのと同じように、世界中のどこからでも食べ物を楽しんで、味覚コンテンツを作成できるプラットフォームを作りたいと宮下マスターは言いました。 彼は、人々が将来同じことができるようになることを望んでいます。 塩辛い、甘い、辛い、酸っぱいなど、さまざまなレストランの味をダウンロードして楽しむことができます。

宮下穂明は日本の明治大学理工学部准教授で、1976 年にイタリアのフィレンツェで育ち、2001 年に千葉大学で画像科学の学士号を取得し、音楽の修士号を取得しました。 2003 年に富山大学で博士号を取得し、2006 年に高等科学技術大学院大学 (JAIST) で知識科学の博士号を取得しました。コンピュータ サイエンスと人間とコンピュータの相互作用に関心があります。

宮下先生は、コンテンツというと音楽や絵、ゲームを思い浮かべがちですが、それ以上のものがあると思っているとのこと。 日本では、法律はコンテンツを人間の創作活動から発展したものと定義しています。 テレビで放映されたテイスティングに関しては、彼は最近それを発明しようとしました. これも人とテクノロジーのインタラクションを生み出すコンテンツです。

ソース – BBCめじ

Facebook で Brand Inside ニュースをフォローしてください。

Nakao Momoe

「フリーランスのベーコン愛好家。音楽愛好家。起業家。ワナビーアルコールオタク。学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。