日本は10月11日からビザなしの観光客を受け入れることに青信号を出す

ブルームバーグ通信社は、日本の岸田文夫首相が、コロナウイルスの蔓延を防ぐために、日本の国境管理措置が解除されると発表したと報じた. これは10月11日から有効になります。 国の観光産業が再び繁栄するように刺激すること。

岸田首相は、日本は国境管理措置を米国と同等に緩和すると述べた。 日本は一日あたりの到着数の制限を解除します。 個人旅行者のビザなしでの入国を許可するなど、国内旅行の特別割引もあります。 観光を後押しし、国のロックダウンの影響を受けた事業主を支援する

岸田首相の動きは、日本がCOVID-19の発生から回復し始めたときに起こりました。 さらに、円は 1 ドル 145 円まで 24 年間で最も低い水準まで下落し、日本は世界の観光客にとって主要なターゲットになりました。

昨年の日本へのインバウンド観光客数は 246,000 人で、2019 年またはコロナウイルスの発生前よりも少なくなっています。 観光客数は3200万人

Yamauchi Haruki

「フードプラクティショナー。情熱的な音楽ファン。認定された問題解決者。コミュニケーターになりたい。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。