日本は1998年以来初めて円をサポートするために外国為替市場に介入:InfoQuest

日本は1998年以来初めて、急激な円安に対抗するために外国為替(FX)市場に介入した。 日本銀行(BOJ)から特に緩和的な金融政策を採用するよう圧力をかけられた後。 連邦準備制度理事会(FRB)による金融引き締めの加速とは裏腹に、日米の金利スプレッドはさらに拡大しています。

神田正人さん 日本の外務次官は本日(9 月 22 日)、円の突然の一方的な下落を受けて、日本政府が外国為替市場をオーバーシュートしたと述べた。 この最新の介入により、円は 1.1% 上昇して 1 ドル 142.48 になりました。 1998 年以来初めて円が 1 ドル 145 円を超えた後、日銀は今日、金利を非常に低く抑えました。 昨日(9月21日)FRBが金利を0.75%引き上げた後

日本の当局はここ数週間、口頭での介入を増やしてきた。 外国為替市場が介入するわずか数時間前。 神田さんが言いに来ました。 日本政府はいつでも介入する用意がある。 匿名の介入を実行できます。 日銀は今月、外国為替市場の見直しを行ったが、これは多くの人が直接介入前の準備と見なしていた。

ちなみに、金融介入は日本では珍しい動きです。 日本は長い間、日本の輸出業者の利益を優先するために円安を許したパートナーから批判されてきました。

日本政府が最後に直接介入を通じて円高に圧力をかけたのは、1998 年のアジア金融危機の際で、円が 1 ドル 146 円まで下落したときでした。 また、日本は2011年に円が1ドル130円前後の時に金融市場に介入したが、今回は円安のための介入だった。

InfoQuest News Agency (1965 年 9 月 22 日)

タグ: 財務省, 日本銀行, 円, 金融介入

Yamauchi Haruki

「フードプラクティショナー。情熱的な音楽ファン。認定された問題解決者。コミュニケーターになりたい。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。