日本海で失われた観光船で見つかったより多くの子供たちの死体の総数は11人でした。

本日(4月25日)、ロイターは、日本の北海岸沖で日本の観光船が失踪した原因の調査が開始されたと発表した。 沿岸警備隊は子供が死んでいるのが発見されたことを確認しましたが。 これにより死者は11人になりましたが、カズ1号船は土曜日に出港したため、まだ発見されていません。 24人の乗客と2人の乗組員

飛行機と巡洋艦を使って捜索を再開した。 地元の漁船も捜索を支援するために動員されました。 そして、海岸沿いの高い崖に沿って歩いている探求者がまだいます。

沿岸警備隊は、次のように述べています。 より多くの証拠が見つかるまで。

地元当局者は次のように付け加えました。「3月末の海域には浮かぶ海氷がたくさんあります。 そして、水温は現在摂氏2〜3度です。

土曜日に知床半島を訪れて数時間後に船は姿を消した。 船長は、船尾の氾濫により船が30度の角度で踵をかがめ、接触を失う直前に沈没したことを忠告するよう呼びかけた。 今シーズン、この地域でオープンする最初のクルーズ船です。

共同通信は、昨年5月に船が浮体に衝突したと付け加えた。 6月に出港した後、3人が負傷し、立ち往生した。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です