日本銀行が16兆円以上の債券を購入し、債券利回りの抑制を望んでいる:InfoQuest

日本銀行(BOJ)は、6月に16.2兆円(1,190億ドル)の日本国債を月次記録として購入した。 目的は、長期債券利回りが固定上限を超えないようにすることです。 日銀の金融緩和策に沿って

共同通信は、日銀が10年債利回りを0.25%に制限しようとしたのは、長期国債利回りが上昇した後だと報じた。 その結果、日本の債券利回りも回復しました。 日銀の積極的な債券購入は、特に低金利を維持することを目的としています。 金融政策を引き締め始めた米国やヨーロッパとは異なります。 これにより、過去に急激な円安が発生しました。

債券利回り0.25%は、金融緩和に伴い日銀が設定した限度額でした。 これまで日銀は、債券利回りをプラスマイナス0.25%以内に抑えることを試みてきました。

InfoQuest通信社による(1965年7月7日)

タグ:日銀、日本銀行、日本国債、金利

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です