日産は、新しいe-powerキックスターターの予約注文がわずか10日で1,000台を超えることを明らかにしました



日産タイコンパクトSUV「KicksE-Power」の予約台数を明らかにし、マイナーチェンジはすでに1,000台に達しています。 わずか10日間公開された後、2022年7月からお客様に配信されることを発表する準備が整いました。


日産タイ新マイナーチェンジ「KicksE-Power」の販売成功を発表7月上旬に販売を開始してから10日以内に1,000台以上の予約が可能。 その後、販売価格は元の価格から889,000〜1,049,000バーツに調整され、再生モデルでは759,000〜949,000バーツになりました。 7月から徐々にお客様への配信を開始することを確認する準備ができました

日産タイプレジデントの関口功氏は、次のように述べています。 これは、過去の新しい日産キックスE-Powerの反応から見ることができます。 あなたはそのような自信を持っています。


新しいNissanKickse-Powerは、より高性能、テクノロジーを備えた最新のコンパクトSUVであり、運転をより簡単かつスムーズにするe-pedal Stepシステム(e-Pedal Step)を備えた第2世代e-Powerです。 また、日産の360°SAFETY SHIELDから車の周りに高度な安全技術を追加し、特別にカスタマイズされたAUTECHモデルのタイ初のモデルを補完します。 内側と外側が完全に調和するスポーツとプレミアムを追加します

日産キックスe-Powerは、1.2リッターガソリンエンジンを使用して推進システム用の電気を生成する電気モータードライブトレインのセールスポイントであり続けています。 最大出力が136馬力(PS)、最大トルクが280ニュートンメートル(7馬力増加、トルクが20ニュートンメートル増加)のエンジンを取り付け、平均消費量を23.8km/リットルおよび最終消費量にします。 e-ペダルステップシステムを備えた26.3km/リットルの都市では、足がアクセルから解放されると5 km/hに減速するように修正されました。 駐車や先行車の追跡などの利便性を高めるのに役立ちます。


最新のNissanKickse-Powerは、タイにある日産の生産拠点から生産され、日本に輸出されています。 さらに、日産はサムットプラカン州の日産工場でe-Powerエンジン用の高出力バッテリーの組み立てを開始しました。 また、タイにある日産の生産拠点からの世界クラスの熟練労働者の生産の可能性と可用性を反映しています。

日産キックスE-Powerモデルの現在の販売価格は759,000バーツ、Vモデルの価格は829,000バーツ、VLモデルの価格は899,000バーツ、AUTECHモデルの価格は899,000バーツです。949,000バーツです。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です