日米ドラゴンを倒すブルーパシフィック5カ国同盟と力を合わせる



外国メディアの報道(6月27日)米国主導のブルーパシフィック「ブルーパシフィックのパートナー」(PBP)。 中国に対抗するために、太平洋諸島を支援し、地域の外交的および経済的関係を促進することは、5カ国の「非公式なメカニズム」です。

中国が太平洋に積極的に影響力を行使する中、米国とその同盟国であるオーストラリア、ニュージーランド、日本、英国は、「小規模企業との効率的かつ効果的な協力」のために「ブルーパシフィックのパートナー」と呼ばれる新しいイニシアチブを開始しました。地域の島国

太平洋地域が戦略的に重要なのはなぜですか?
2019年の戦略報告では、米国国防総省はインド太平洋を「アメリカの将来にとって最も重要な地域」と呼んでいます。

「この地域には、世界で最も人口の多い州(中国)、最も人口の多い民主主義国家(インド)、そして最大のイスラム教徒の州である大多数の州(インドネシア)があり、世界の人口の半分以上が含まれています。」

「世界最大の10の軍隊のうち、7つはインド太平洋に拠点を置き、この地域の6つは核兵器を保有しています。世界で最も忙しい10の港のうち9つがこの地域にあり、海事貿易世界の60%がアジアを通過しています。南シナ海だけを通過する世界の出荷の3分の1。

米国はこの地域の勢力均衡を長い間維持してきました。 アメリカを中心としたシステムでそして同盟国の安全はアメリカの軍隊によって保証されました。

アナリストは、この地域における米国の政策の唯一の目的は、北京の影響力の拡大を抑制することであると信じています。

ブルーパシフィック(PBP)プログラムのパートナーとは何ですか?
PBPは、太平洋諸島を支援し、この地域の外交的および経済的関係を促進するための5か国の「非公式メカニズム」です。 6月24日に発表され、より緊密な協力を通じて太平洋に「繁栄、回復力、安全」を構築することについて話します。 中国の積極的な拡大に対抗するために、組み合わせて、または別々に

共同声明の中で、5つの加盟国は次のように述べています。「太平洋地域のアップグレード」と太平洋諸島との関係の強化も発表しました。 これは、他の国内同盟とのさらなる協力に引き続き開かれています。

その第一歩として、PBPは「気候危機」への協力を促進することを目指しています。 接続性と輸送海上セキュリティと防衛、健康、繁栄と教育。

中国側でも太平洋での関係を変える努力がなされている。 中国が4月にソロモン諸島との安全保障協定に署名したとき

Indian Express Indianメディアは、この合意により米国が生まれたと報じた。彼は南太平洋における中国軍の占領基地について深刻な懸念を表明した。 アメリカのグアム島の近く。 オーストラリアとニュージーランドに隣接しています。

この協定は、この地域の主要な航路の北京による買収を強化するものです。 それは米国とその同盟国をガタガタさせ、また太平洋における中国の増大する野心に対抗するための緊急の行動を促した。 ポストアメリカの真空の真っ只中にこの地域を無視したことはありません

王毅外相は、「共通開発ビジョン」として知られる「ゲームを変える」協定を支持するように太平洋の10カ国に働きかけるためにいくつかの国を訪問しました。

西側メディアAPは、この合意案は中国が協力したいと報告した。 「伝統的および非伝統的な安全保障」およびこれらの国々との法執行協力の拡大。

この外交の段階で、王毅はソロモン諸島、キリバス、サモア、フィジー、トンガ、バヌアツ、パプアニューギニアを訪問しました。 また、クック諸島、ニウエ、ミクロネシア連邦との仮想会議も開催しています。

旅の終わりに、中国がまだ成功していなくても、太平洋諸国が「北京の軌道」の一部になるという警告の中で取引が成立したが、中国はこの目標を追求すると述べた。

この意図はさらに明白です。6月27日、ABCは、中国が王毅と太平洋諸島のハイレベル会議の前夜に太平洋諸島の10州の指導者との間で仮想会議を開催しようとしていると報告しました。フィジーの太平洋この期間中。 7月中旬

米国とその同盟国は中国に対抗するために何をしているのか?
今月のPBPの開始に先立ち、米国とその同盟国は、オーストラリア、ブルネイ、インド、インドネシア、日本、マレーシアの13か国を対象とする地域貿易促進活動であるインド太平洋経済的繁栄の枠組み(IPEF)を開始しました。 、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、韓国、タイ、フィジー、ベトナム—パートナーとして。

6月27日月曜日、太平洋から離れたG7は、中国の一帯一路イニシアチブと競争するための計画–グローバルインフラストラクチャと投資のためのパートナーシップ(PGII)–も発表しました。 低中所得国の開発プログラムを支援するために6000億ドルを調達することを約束します。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。