日銀は予想通り金融政策を維持 円は 24 年ぶりの安値まで下落し、1 ドル 145 円に達した。

ブルームバーグ ニュースは 2022 年 9 月 22 日に、日本銀行 (BOJ) が本日の会合で超緩和的な金融政策を -0.1% で維持し、利回り目標を維持することを決定したと報じました。 インフレを制御するために制限的な金融政策を使用する世界中の他の中央銀行に

その結果、円は 24 年ぶりの安値まで下落し、短期間で 1 ドル 145 円に達しました。 決定直後

そして、中央銀行がCOVID-19パンデミックからの回復について依然として懸念していることの兆候として. は、苦境にある企業を支援することを目的とした募金プログラムを段階的に廃止するという突然の決定を下しました。

日本銀行の黒田東彦総裁は、日本の政治が正常化するにはまだ長い道のりがあると示唆した. FRB の積極的な利上げとは異なります。 日銀のフォワード ガイダンスは、金利が上昇するのではなく、下落する可能性を常に示しています。

彼の 10 年間のトップでの在職期間は、残り 6 か月を切りました。 知事は、安定したインフレを達成するという彼の使命に固執することを決意しているようです. しかし、このスタンスにより円は急激に下落し、銀行は利回り制限を守るために国債の購入を余儀なくされました。

「日銀が長期的な立場を変えていないことは明らかです。日銀が政策を変更した場合、プラスの影響よりもマイナスの影響の方が多くなるという考えです。だから待ってください…彼らはまた、インフレは続くと信じていますが、 S&P グローバル マーケット インテリジェンスのシニア エコノミスト、田口晴美氏は次のように述べています。

10年物国債の利回りは、先週以来の最初の決定の後、日銀の0.25%の制限を下回りましたが、円と金利は引き続き圧力を受けました。 世界中で金利の上昇傾向が続いているためです。

「中小企業は依然として困難な現実に直面しています。 特に最近のインフレ率の上昇に伴い。 そのコストを消費者に転嫁することはできません」と田口氏は語った。

これまでのところ、黒田氏は円安を食い止めるための政策調整の可能性を明確に排除している. 彼は、経済が金融刺激策を必要としていると繰り返した。 賃上げがコスト圧力下でのインフレを持続可能にするまでは。

しかし、日銀ウォッチャーは、政治的圧力が高まることを期待しています。 金融政策の変更になる可能性があるからです。 岸田文夫首相は次期中央銀行総裁と副総裁2人を選出する。

参照 : https://www.bloomberg.com/news/articles/2022-09-22/kuroda-s-boj-holds-ground-with-ultralow-rates-pushing-yen-to-145?srnd=markets-vp

写真は、2022 年 4 月 25 日月曜日、日本の東京にある日本銀行 (BOJ) の本店です。米国は4月22日の発言​​で円安への言及を省略した。 撮影者:花井徹/ブルームバーグ

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。