日銀は低金利を維持し、賃金の引き上げを提案し、持続可能な2%のインフレ目標を達成することを望んでいます:InfoQuest

日本銀行(日銀)は本日、6月の会合の議事録を発表し、日銀の取締役は、日銀の2%インフレ目標を維持するために賃金引き上げが重要であると考えていると述べた。 これは、日本でインフレ圧力が高まっている兆候があるにもかかわらず、金利を超低水準に保つという日銀の目標を強調した。

会議の議事録は、9人の日銀裁判官の何人かがインフレが上昇していると言ったと述べました。 そして、インフレと賃金が将来あまり上昇しないと見ていた世論の変化をもたらします。

しかし、日銀の取締役は、日本経済は大規模な金融政策によって支えられる必要があることに同意しました。 中国でのCOVID-19関連の封じ込め措置の実施によって引き起こされる商品価格の上昇と供給の混乱の影響を乗り切ることができます。

日銀は会議の議事録で、「日銀の理事は、日本経済が非常に高いレベルの不確実性に直面していることに同意している。そして、ほとんどの理事は、給与を引き上げることの重要性を認識している。持続可能で安定したインフレ目標を達成する」と述べた。

日銀の理事会は6月17日の会合で、政策金利を-0.1%に維持し、利回り目標を維持するなど、超単純な金融政策を維持することを決議しました。 日銀は依然として、0.25%を超えない10年国債利回りの上限を管理しています。

黒田東彦日銀総裁は、日銀は引き続き超緩い金融政策を採用すると述べた。 日本経済は世界的なインフレ危機の影響をあまり受けていないからです。

しかし、商品価格が上昇し、円安が進んだものの、商品輸入コストの上昇につながっています。 これにより、日本のインフレ率は日銀の目標である2%を上回りましたが、黒田氏は金利を超低水準に保つ必要性を繰り返し述べました。 インフレが強い需要によって動かされるまで。 当時、日銀はインフレ抑制のために金利を引き上げることで、世界の中央銀行に向けた金融政策を継続することができた。

InfoQuest通信社(65年7月26日)

タグ:日銀、日本、日本銀行、日本経済

Yamauchi Haruki

「フードプラクティショナー。情熱的な音楽ファン。認定された問題解決者。コミュニケーターになりたい。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。