日ASEAN、韓国とのFTAアップグレード加速に向けた新たな共同経済計画について協議 : InfoQuest

ミス・チョティマ・イアムサワスディクル国際貿易交渉局副局長は、オラモン氏が国際貿易交渉局のタウィーサム局長の下で、2月27日にカンボジアのシェムリアップで開催される日ASEAN上級経済当局者会合に出席するよう任命されたことを明らかにした日本とASEANの関係を強化する計画。 2023年の日ASEAN関係樹立50周年を機に、イニシアチブの共同準備「新たな日ASEAN経済関係の将来設計と行動計画及び日ASEAN経済における共創のビジョンの作成」を含む

このようなイニシアチブのために、日ASEAN政府が組織し、3つの柱で構成されます。持続可能な日ASEAN社会のための共同イノベーション。 日ASEANのデジタル時代におけるグローバルサプライチェーンのつながりと、日ASEANの人材育成・交流の中心となること。

加えて、ASEAN-日本経済における共創のビジョンの作成 ASEAN-Japan Economic and Industrial Cooperation Committee (AMEICC) は、ASEAN および日本の民間セクターおよび教育機関に開かれています。 そのようなビジョンの準備に使用される集合的なブレインストーミングまたは研究分野は、サプライチェーン、デジタル、イノベーション、社会的課題の解決、接続性、スタートアップ、環境などのビジョンを提供する必要があります。

チョティマ氏は、第 37 回 ASEAN-韓国高級経済当局者会議で、ASEAN-韓国自由貿易協定の改善を目的とした共同研究の進展などの重要な問題が議論されたと付け加えた。 デジタル貿易などの経済協力に関する調査研究 9月に開催される第19回ASEAN・韓国経済大臣会合で成果を発表。

ASEAN と韓国 ASEAN-韓国自由貿易協定 (AKFTA) の強化を共同で検討しており、完全な調査報告書の認定を目指している。 2023年第2四半期のASEAN-韓国高官会議で、共同研究報告書を提出する。 さらに、韓国は将来的にASEANとのデジタル貿易協定の開発を研究し、推進しています。 ASEAN-韓国自由貿易協定に関する作業部会による調査結果を注意深く監視します。

さらに、ASEAN と韓国は、貿易の技術的障壁 (TBT) に関する別の作業部会と、貿易障壁に対抗するための衛生植物検疫 (SPS) 措置に関する別の作業部会を設立することにも合意しました。 韓国 ASEAN と韓国の間でスタートアップ政策計画を準備するなど、ASEAN との経済協力を継続する用意があることを示す。 さまざまな業界の ASEAN 実務者にアドバイスと解決策を提供する TASK プロジェクトである業界標準協力ネットワークを開発します。 これは、ASEAN 加盟国とタイにとって良い機会です。 産業の革新とスタートアップの発展においてユニークな韓国から交流し、学びます

InfoQuest News Agency (12 Aug 65)

タグ: FTA, 国際貿易交渉局, Chotima Iamsawadikul

Yamauchi Haruki

「フードプラクティショナー。情熱的な音楽ファン。認定された問題解決者。コミュニケーターになりたい。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。