江戸時代のファーストフードから今日の人気デザートへの大福の旅

最後の更新:

日本のお菓子が大好きなスウィートラインは、おそらく誰も知らないでしょう。 大福 甘くてふわふわの小豆巻き生地。 和菓子は緑茶に最適です。 しかし、それが現在の大福になる前に、あなたは多くのことを経験しなければなりません。 このデザートの面白い歴史を見てみましょう!

大福は長い歴史を持つ和菓子です。 彼はからだと言われています うズラ餅 または室町時代後半に作られたウズラもじん。 ウズラの卵に似た形をしていることから名付けられました。 一方、砂糖は贅沢と見なされます。 当時、うずら餅は一般の人にはなかなか手に入らなかったので、塩で味付けした小豆餡を詰めました。

うずら餅は、長く満腹感を味わえる食べ物で、別名です。 (はらぶと餅)、大福餅(大福餅) 大きなお腹の餅を意味し、一般の人に人気があります。 餅の外面にグリーンピースとよもき草が混ざっていることがあります。 さまざまな味と食感があります

その後、江戸時代後半の1771年。 餅の新バージョンが誕生しました。 オタマという未亡人によって、彼女は江戸小石川に住んでいます。 焼き塩の代わりに味付けした砂糖で餅を作り、冬に代わって販売しました (おたふくもち) そして、それは今日の大福の原型と言われています。

数十年後、おたふく餅は江戸中で人気を博しました。 大福餅 おなじみの食べ物なので、大福は街中で人気のファーストフードのようになりました。 江戸時代の本のように、冬の夜に大福を吸って売る商人のイメージを説明しました。

餅粉の一種である人気の求肥粉で大福を作ります。 大福はいつも柔らかく固まるのは簡単ではありませんが、当時は本物の餅粉を使っていました。 大福が強くなります。 したがって、食べる前に柔らかくするために調理または蒸しにする必要があります。

大福はやがて全国に広がり、地元のさまざまなバリエーションを取り入れましたが、砂糖は依然として贅沢と見なされていました。 そのため、明治と大正の時代には今でも人気があります。 大福(塩大福) または塩大福今日でも埼玉県周辺が人気です。 んびん(塩あんびん) 無糖の大福です

大福(塩大福)

んびん(塩あんびん)

それ以来、大福は昔ながらの和菓子として国際的な注目を集めています。 世界中の人々に愛されるまで

一般的に、人々はおいしい食べ物について考える傾向があります。 元のレシピを維持し、数十年経っても変化する食品です。 しかし一方で、イチゴから生まれる大福の実のように、おいしい食べ物は無限の新しい方法で適応させることができます。 これまでのところ、メロン、マスカット、オレンジ、スイカ、桃があります。

かつては高価な商品だった砂糖はめったに使われませんでした。 今日では、大福の近世への移行をサポートするために、より優れた機能を備えて開発されています。 高価な砂糖の代わりに調味料として使われた塩も。 今ではこれまで以上に風味を高めるために使用されています。 塩辛い味なので、甘みも加わります。

ああ、みんな大好きな大福になるために。 この美味しい和菓子が昔から大きく変わったとは思いもしませんでした。 また、現在、多くの新しい形に変更されているので、食べに行った方がいいです^^

の内容のまとめ mag.japaaan

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です