渡航先の国の状況を確認するために、タイ人に海外旅行を呼びかける。 台湾、日本、メキシコでの自然災害の後。

今日(20 9 月 20 日)、首相官邸のスポークスパーソンを務める政務担当副事務総長のアヌチャ・ブラパチャイスリ氏は、政府が海外旅行者を気にかけていることを明らかにしました。 安全上の理由から、旅行前に目的地の国の状況を確認してください。

マグニチュード 6.8 の地震が台湾の台東を襲い、多くの地域に被害をもたらしました。 そして、日本の台風14号は激しさを増し、大雨をもたらし、雨量による災害を危険にさらしました。 九州・沖縄地方の強風含む

メキシコの大使館を含め、昨日(65年9月19日)メキシコ当局が地震訓練を組織したと報告した。 訓練直後 マグニチュード 7.7 の大地震が、メキシコから約 600 km、深さ約 15 km のミチョアカン州の太平洋岸近くを襲った。 メキシコの住民は揺れに気づいていた。 リハーサルが終わって、彼らは再び建物を出ました。

「政府は海外旅行者を気にかけています。 渡航先国の状況をご確認ください。 危険な状況を避けるために旅行するときは注意し、危険な場所を避けるために、現時点では、3つのイベントがタイの人々の生活に影響を与えるという報告はありません」とAnucha氏は述べました.

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。