独香沼の​​エメラルドグリーンの池の奥深い美しさを発見 – ANNGLE TH

最後の更新:

日本に旅行するなら、春に行きたいと思う人も多いのではないでしょうか。 または前に落ちるしかし、夏にも同様に美しい風景があることを知りませんでした。 天気が暖かくなり始めると、木は緑になり始めるからです。 そして森は再び肥沃になるでしょう。 この時期に適した最も人気のあるアクティビティは、自然そのものの美しさを見るためのトレッキングまたはトレッキングです。

独鈷沼

本日ご紹介するトレッキングの目的地は、 独鈷沼 エメラルドグリーンの池は、山形県の秘宝(エメラルド)として知られています。 標高1,400メートルの蔵王中央高原の肥沃な森の中に隠れています。

ここのトレッキング ルートは難しくなく、所要時間は 20 分ほどで、夏でも涼しい気候です。 道に沿って歩いて自然を楽しむことができます

独鈷沼

恐る恐る登りたい人は、ケーブルカー蔵王中央トリカブト駅からエレベーターで池の近くに降りることができ、池の横にテーブルがあります。 お弁当をお持ちの方へ エメラルドグリーンに輝く水の美しさを眺めながらお弁当をお召し上がりいただけます。 周りの緑の自然や、鳥やコオロギの心地よい音の中でしばらく昼寝をしてください。

ドッコ沼

場所: 〒990-0017 山形県上保沢市
アクセス:JR山形駅下車、蔵王温泉バス乗り場で約40分、蔵王中央ケーブルカーで鳥兜駅下車、徒歩約15分。
Webサイト : www.yamagatakanko.comzaochuoropeway.co.jp

木が好きで、自然の偉大さを知りたい人。 清らかな空気を吸いたい 独鈷沼に立ち寄るのもお忘れなく。

Tajima Setsuko

「情熱的な旅行ファン。ゾンビのスペシャリスト。ゲーマー。内向的。熱心なビール忍者。音楽愛好家。完全なウェブ中毒者。筋金入りのトラブルメーカー。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。