発芽作業! 日本人居住者は、仕事の後に飲み物を求めて出かけたときに、4.6万ルピーの行方不明者の報告を受けました。

AFP画像ファイル

発芽作業! 日本人居住者は、仕事の後に飲み物を求めて出かけたときに、4.6万ルピーの行方不明者の報告を受けました。

2022年6月23日、西日本の尼崎市は、市内の46万人の住民の個人情報とUSB契約を結んでいる従業員が夕方にデータを失ったことが発覚し、頭痛に襲われました。

地方自治体によると、この従業員は地方自治体のCOVID救済プログラムに取り組んでいます。 そして、彼と一緒にUSBスティックを持ってきましたが、6月21日の仕事の後、飲み物を飲みながらUSBスティックでバッグを紛失しました。

記者会見で、天崎市の関係者は記者会見で、「市の経営に対する人々の信頼を揺るがしたことを深くお詫びする」と述べた。

データをコピーしてUSBスティックに保存し、大阪のコールセンターに簡単に転送できるようにしました。 この情報には、氏名、性別、住所、生年月日、その他の個人情報が含まれます。 市の住民の割合これには、一部の住民の税務情報と銀行情報が含まれます。

ただし、地方自治体によると、データは暗号化されており、USBドライブはパスワードでロックされています。 そしてこれまでのところ、データがUSBでアクセス可能であるという兆候はありません。 警察はUSBの調査を続けています。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。