米国経済は好調ですが、S&P500 はどうですか? – THAIFRX.com

驚くべきだが明白な道筋は、ここ数ヶ月の米国経済によって踏みにじられてきた.

インフレ率は全国で 40 年ぶりの高値に達しましたが、米ドルは引き続き強い通貨であり、ユーロの下落と英ポンドの下落に対して引き続き強いです。

通貨市場は、ポンドが 20 年ぶりの安値を記録すること、および英国のインフレ率が 1 月までに 18% に達するというシティの最新の予測に注目しています。

一方、米ドルはそのような悲観的な予測に直面していません。 そして、経済は順調に回復しているようです。

ただし、株式市場は議論の余地があります. はい、ドルは他の主要な西側通貨に対して強いですが、英国ポンドは弱いですが、FTSE 100 は好調です.

米国株はどうなる?

主要なエコノミストは、米国の主要な S&P500 指数の 1 つについて懸念を表明しています。 衝撃的な予測によると、指数は来年 26% も下落する可能性があります。

今日の 4,000 ポイントから 3,000 ポイントに数値が上昇したため、これは軽視する予測ではありません。

ベテランの英国人投資家、ジェレミー・グランサム。 ボストンに本拠を置く投資管理会社、グランサム、メイヨー、ヴァン オッタールーの共同創設者であり、最高投資ストラテジストです。 これはボストンを拠点とする資産管理会社です

Grantham は昨日、S&P500 の価値が来年 26% も下落する可能性があると予測し、「ジャンク債」と見なされるものや、テクノロジーに焦点を当てた NASDAQ 指数に反対すると述べました。

グランサム氏の言葉は真剣に受け止められました。 実際、彼は投資家としてのキャリアを通じて、投機的資産バブルが展開するにつれてそれを特定することで、投資家としての評判のほとんどを築き上げてきました。

彼はまた、日本の資産価格バブルがピークに達した1980年代後半に、日本の株式や不動産への投資を避けました。 1990 年のドットコム バブルの間はテクノロジー株を避けていたため、彼は何十年にもわたってテクノロジー株のパフォーマンスを研究していました。

グランサム氏は、バブルが崩壊するにつれて、テクノロジー株が暴落し、同社のデフォルトが急増すると予想しています。 ハイテク株とジャンク債を押し下げる。 支持要因として、人口統計学的問題や気候政策などの国家課題に対処する。

もちろん、これはあくまでも予想です。 しかし、それはそれで衝撃的です。

FXOpen 取引プラットフォームで世界最大の上場企業の CFD を使用して株式を売買します. 今すぐ FXOpen 口座を開設するか、FXOpen で資金を移動する方法の詳細をご覧ください.

Nakao Momoe

「フリーランスのベーコン愛好家。音楽愛好家。起業家。ワナビーアルコールオタク。学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。