習氏は岸田氏と3年ぶりに会談し、台湾・東シナ海問題について協議した。

ロイター

習氏は岸田氏と3年ぶりに会談し、台湾・東シナ海問題について協議した。

ロイター通信は 18 日に、日本の岸田文夫首相と中国の習近平国家主席が 11 月 17 日にバンコクで開催された APEC 経済首脳会議で会談し、両国間の 3 年ぶりの首脳級会談であると報じた。中国と台湾の対立。 そして東シナ海の緊張。

会談後、岸田氏は記者団に対し、台湾海峡の平和と安定の重要性を強調したと語った。 習主席が岸田氏の懸念にどう反応したかは明かさなかった。 岸田外務大臣は、東シナ海情勢についても懸念を表明した。 ミサイル発射など、尖閣諸島や中国軍の軍事行動を含む。

最後に、岸田氏は、両国間の外交交渉の再開について、習主席と合意したと述べた。 日本の外務大臣は近く中国を訪問する予定です。

一方、中国の放送局 CCTV は、習近平国家主席が中国と台湾の紛争について岸田氏に、これらの問題は適切かつ誠実に処理されるべきだと語ったと報じた。 この問題は、中国と日本の間の政治的ファンダメンタルズと信頼に関係しているからです。 中国を含めて他国の内政に干渉することはありません。 いかなる理由であれ、他国が中国の内政に干渉する場合は受け入れない

習主席はまた、岸田氏に対し、中国と日本は信頼を築き、紛争や対立を回避することを含め、より大きな地域協力と統合を行うべきだと語った。

中国と日本の指導者の首脳会談は、中国と台湾の紛争をめぐる東アジアでの緊張の高まりと、中国の台湾への軍事行動の拡大に続く中で開催されます。 8 月までに、日本当局は中国に対して外交上の不服申し立てを行った。 中国のミサイル5発が尖閣諸島近くの日本の排他的経済水域(EEZ)に着陸した。 日本語では釣魚、中国語では釣魚。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です