若きタイの軟式野球選手が2022年のAVCカップ順位表で日本に敗れる – ライブニュース

ヤング タイ ラバー ボール 全力でプレーしたものの、最初の 2 セットで好成績を収めましたが、日本の強さは 0 ~ 3 セットを失うことはなく、順位を落としました。

ニュースをフォロー、フォロー、ライブニュースをタップ

ヤング タイ ラバー ボール フィールドには決勝戦の行列ができています。 グループステージ、2回戦、グループE、バレーボール、PPTV、エスコラ、2022 AVCカップ、日本代表との顔合わせ。 8月12日、ナコンパトム県ナコンパトム市立スポーツセンター

ヤングタイは過去2試合1勝1敗2点で、2試合1勝1敗だが4点を集めてこの試合で勝った日本は、すぐに準決勝進出。敗者は引き続き 5 ~ 8 の分類でプレーします。

「コーチ・ユン」タイ軍の若き調教師モンチャイ・スパチラクル最高司令官。 選手をわずかに変更し、アディポン・フォンピニョをセットでプレーさせ、チャユット・コンルアン、ナパデイ・ピニーディー、カンタパット・クーンミー、アモーンテープ・カーハン、シワドン・サンとペアを組ませたチャトモンコル・プラケトケオを送り込んだ。 ダルマを独立した受け手として見つける

第1セットは日本が優勢。 しかし、若いタイ人は彼を逃がさず、接近戦を繰り広げました。 しかし最終的には、日本は第 2 セットを含めて 25 対 23 で逆転する前に、より良いプレーをしました。 試合はまだ接戦だが、日本が最後に 26-24 と第 3 セットを勝ち取るためにプッシュしたチームだった。 日本は好サービスで25-11の勝利で試合を締めくくった。

試合概要 日本がタイに 3-0 で勝利 25-23 26-24 25-11

この試合の最高の選手は、日本のポスト富田翔馬とタイのアモーンテープ・カーハンで、それぞれ 18 点を獲得し、続いて大竹一世が 17 点を獲得しました。

ヤングタイズは第1ラウンドで3試合を行い、1勝2敗で2ポイント、そのラウンドで4位に終わり、5-8で順位を競いましたが、日本は2勝1敗7ポイントでグループEを勝ち取りました。チャンピオンシップは準決勝に進出

次の試合は 5 ~ 8 位で、タイの男子チームは 2022 年 8 月 13 日正午にイランと対戦します。

Hino Kou

「どこにでもいる動物の友達。コーヒーマニア。腹立たしいほど謙虚なソーシャルメディア愛好家。音楽中毒者。主催者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。