蘇州はデジタル経済を利用してスムーズな産業チェーンとサプライ チェーンを促進することを目指しています。 RYT9

ASEAN プラス 3 (ASEAN プラス 3) 組織委員会は、先週の金曜日に蘇州で産業チェーンとサプライ チェーンの協力に関する ASEAN プラス 3 または「10+3」が開かれたことを明らかにしました。 デジタル経済のテーマはミニフォーラムで好評を博し、今回は開かれた経済を享受する世界的な工業都市である蘇州で開催されました。 デジタル技術を採用したデジタルインフラストラクチャの構築と、環境に優しい地域の産業チェーンとサプライチェーンの開発を促進する新しい方法を共有しました。

蘇州には、安定した有益な産業エコシステムがあります。 近年、市はデジタル経済の発展を促進するよう努めてきました。 デジタル技術の利用 品質と環境に配慮した開発 デジタル思考と環境に配慮した開発哲学を促進することにより、2021 年には、デジタル経済における主要産業の付加価値は 3,300 億元 (480 億ドル)、または市の GDP の 14.6% に達しました。 、10,000 以上のプロジェクトがスマート テクノロジーを採用しています。 その一方で、情報技術、バイオ医薬品、その他のフロンティア産業は深刻な課題に直面しています。

長年にわたり蘇州に投資して工場を建設してきたパナソニック中国の取締役兼会長である趙冰地氏は、中国にあるパナソニックの3つの生産拠点がネットゼロエミッションを達成したと語った。 デジタル技術の採用と環境に配慮したビジネスの展開により、パナソニックは 2050 年までに CO2 排出量を 1 億 1000 万トン削減します。

蘇州は日本と韓国から中国への投資の源です。 ASEAN 加盟国から資金提供を受けている 2,794 社の企業が拠点を置いています。 また、2,987 の日本のプライベート エクイティ会社と 2,452 の韓国のベンチャー キャピタル会社があり、ASEAN 企業への直接投資は 1,501 億に達し、日本企業は 137.1 億、韓国企業は 59.3 億に達します。

蘇州市発展改革委員会 蘇州の 5 カ年発展計画の中で、取締役会は、蘇州を国際的に有名なセンター オブ エクセレンスにするためのデジタル トランスフォーメーション戦略を追求することが明らかになりました。 中国のデジタル経済の発展を支援する

出典:ASEAN+3組織委員会

イラスト付きリンク:

リンク: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=426860

写真のキャプション: 蘇州のイースト ゲート ビルディング。


Yamauchi Haruki

「フードプラクティショナー。情熱的な音楽ファン。認定された問題解決者。コミュニケーターになりたい。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。