賑やかなMBKセンターが開国 「インド、イスラエル、フランス」の3カ国からのバイヤーが密集。

MBK Public Company Limited の最高ショッピング責任者であり、パラダイス パーク、パラダイス プレイス、ザ ナイン センター、ラマ 9、ザ ナイン センター ティワノンの MBK センター マネージャーである Sompol Triphopnart 氏は、モール エリアの改修後、N. MBK センターは次のように述べています。タイのお客様のニーズに合わせた店舗や商品のバリエーションを増やします。 その結果、サービスを利用するユーザー数が増加しました。 教育機関の中心である LEARNING HUB エリアでこのサービスを利用するタイの学生、学生のお客様は非常に多いです。 2022 年の第 2 四半期の終わりまでに、外国人観光客の数は平均で 60,000 人から 70,000 人に増加しました。日。

Sompol 氏は、2022 年を通して、主要なブランドの店舗が徐々にサービスを開始すると続けました。 お客様に最も満足のいくショッピング体験を共同で提供します。 8月に新しいブティックがオープンします。つまり、ブティックが独自にデザインしたユニークなデザインの女性用バッグのブランドであるPOSH(ポッシュ)は、2階のエリアB、LERDEE TEA HOUSE(The Dee Tea House)、オーガニックフラワーにあります。お茶製品、タイのハーブティー、タイのデザート、香水、スキンケア製品、健康製品は、フロア G、ゾーン D (パトゥムワン プリンセス ホテル側)、プンレオーネ、To Silly Fools (シリー フールズ) で、Silly Li Fool’s の元リード シンガーが営業しています。フロアG、ゾーンB、そしてトーラス、屋根の上の猫、ハンターグリルポーク、イートアムアー、マネキネコ、ファミリーショップ、日本一のカラオケ、ARTPIAの素晴らしい3Dミュージアムアライブプラスなど、他の多くの店舗が間もなくオープンしようとしています。韓国などから

「新店舗には外国のパートナーがいます。 MBKセンターが新世代の起業家育成に注目しているタイ人のショップやブランド。 タイブランドのサポート 例えば、ハーブケアブランドで最近オープンしたフレグランスライン。 Khas ブランドは、観光客が自分自身と交換し、お土産としてまとめて購入するよう促しています。 センターに入る主な外国人観光客は、一人旅や家族連れの旅行者でもあります。 それらのほとんどはヨーロッパとアジアの国々から来ており、トップ 4 はインド、イスラエル、フランス、ドイツであり、全体的な売上高の回復を非常に強力に推進しています。

ソンポル氏はさらに、MBK センター、パラダイス パーク、パラダイス プレイス、ザ ナイン センター ラマ 9 を含む MBK モールのスペース稼働率 (稼働率) については、商業エリア全体で 100% のテナントが存在すると述べました。 業態に応じたテナント支援策を整備。 長期的な事業運営に十分な流動性をテナントに提供するために、2022 年末までに、ショッピング センターの売上高は 2019 年の売上高の約 70 ~ 75% に回復すると確信しています。関連企業 ショッピング モール、ホテル、ゴルフ コースは、プロモーション パッケージを編成して、サービスを受ける意思決定を促し、パートナーと協力して継続的なマーケティング活動を編成する計画を立てることができます。

Tajima Setsuko

「情熱的な旅行ファン。ゾンビのスペシャリスト。ゲーマー。内向的。熱心なビール忍者。音楽愛好家。完全なウェブ中毒者。筋金入りのトラブルメーカー。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。