銃撃者である安倍前首相の殺害は、教会に1億円を費やし、彼の家族を破産させた。

‘博士。 スウィナイは「安倍元首相」の殺害の手がかりを開いた。射手の叔父は、母親がユニティ教会に1億円または2600万バーツ以上を費やし、大学に行くお金がなく、職を失い、家族が破産したことを明らかにした。 兄は自殺したので、代わりに安倍に怒りをぶつけた。

2022年7月15日–タンマサート大学経済学部の元講師であるSuwinai Phornwalai博士は、家族の崩壊についてFacebookに記事を投稿しました。 安倍前首相を暗殺した殺人犯の失恋。 以下の内容です

母親が子供のために作る精神的な結び目。
安倍前首相を殺害した悪役山上徹也(41)の家族崩壊の物語。 それは彼が嫌う宗派に関係しているからです
若者の真実彼はバランスの取れた子供であり、裕福な家族であり、学校が得意で、スポーツが得意でしたが、その後、人生は行き来しなければなりませんでした。 彼の母親が新しい宗派に夢中だったとき。
哲也は、兄と妹が1人いる裕福な家庭に生まれました。
小中学生の友達が教えてくれました…
哲也は勉強が得意で、スポーツは素晴らしく、親切で、気さくで、完璧です。 クラスの先生はいつも哲也をほめたたえた。
バスケットボールクラブの友達が教えてくれました…
哲也はとても上手で勤勉で、特に好き嫌いはありません。 彼はあらゆる面で他の誰よりも優れています。 スポーツと学習しかし、彼はあまりおしゃべりではなく、落ち着いていて、いつもの友達に宿題を教えていました。 敵がいなかったし、誰にとっても安全
私はまだ殺人者が私の友人であるとは信じられません。 彼が友達に宿題を教えているのを見た。 しかし、私は彼を特別な友達と会うことはめったにありません。
高校時代に哲也を知っていた人はこう言った。
哲也はジョイクラブにいます。 また、甲子園球場で野球の試合を応援しに行きました。
別の友達が言った
哲也は一人でいるのが好きです。 誰とも交わらないでください昼休みや昼休みの間、私はいつも一人で行きます。
……..。
叔父(哲也の父の兄)は、
「父哲也は自殺した。哲也は4歳だったので、母哲也は妹の哲也を妊娠8ヶ月でした。
長男は幼い頃からガンにかかっています。 手術後片側の視力喪失
いつも月額5万円の助成をしました。
哲也神父がしばらく亡くなった後、哲也母もユニティ教会のカルトに加わりました。 多くの場合、子供たちを放っておいてください。 私は個人的に韓国の母の支店に飛びました。 哲也兄弟は食べ物を買うために電話をしてお金を要求しなければなりません。
妻の日記を見つけました。 哲也家を助けるお金は9年間ユニティ教会に送金されており、総額数百万円に上る。
これは私の義理の妹が執拗にこの宗派に入ったことに気づきました。
兄の死後、母哲也は死刑の支払いを譲渡します。 ユニティ教会に5000万円(1300万バーツ)が寄付されました。
また、故人の魂には、約300万円(80万バーツ)の慰安税が課せられている」と語った。
………。
ユニティ教会は、哲也母の苦しみから抜け出す唯一の方法でしょう。
1998年8月、母哲也は祖父が彼女に与えた土地を売却した。 それ以来、父と息子の関係は崩壊しました。 そして2ヶ月後、彼の目は消えました。
母哲也は後に建設会社を経営した。
1999年3月、母哲也は祖父の家やその他の建物を売却しました。 すべての資金をユニティ教会に移す
哲也おじさんはとても困っていました。 しかし、彼女が哲也の母親に与えたお金がユニティ教会にすべてを投げることを知っていたので、彼女は再び助けを与えるのをやめなければなりませんでした。
哲也おじさんが知っているように、哲也母はユニティ教会に1億円(2600万バーツ)以上を寄付しました。
哲也は高校を卒業した後、教育を続けるお金がない。 哲也おじさんがお手伝いします。 しかし、哲也は途中で大学を中退することにしました。
哲也は自衛隊に3年間入隊し、その間軍人と関係を持っていた。 アルコールを混ぜたガソリンで自分を満たして自殺することについて話し合った。 しかし、彼自身が救急車を呼んだ。 だから彼は死んでいない。
自衛隊を去った後、彼は会社が10年以上そこで働いている会社で働いています。 最後の4月まで
哲也は体調不良で辞めた。 会社の人からは、初めて出勤したときはうまくいったとのことでした。 しかし、6か月後に他の人と仲良くすることはできません
仕事を辞めた後、哲也は仕事を失った。 安倍前首相殺害の日まで
……..。
哲也家は破産した。 その後すぐに、哲也は自分の軍隊に行きました。
2015年、哲也の兄は自殺した。
弁護士の哲也おじさんがユニティ教会に手紙を送りました。 母哲也の贈り物を明確にしてください。 ユニティ教会は5000万円を返還することで問題を解決しました。
しかし、結局、母哲也はユニティ教会にすべてのお金を与え続けました。
哲也の叔母(母の妹)は言った:
「私の父はいつも私の妹の家族を助けてきました。 彼は義理の兄がすぐに来て死んだのを見て、世話をするために妹に負担を任せたので、後でまで、私の妹は私にお金を求めました。 しかし、私は拒否しました。これまでのところ、彼らはお互いを見ていません。
哲也は本当に残念です。 あえて自分の母親を殺そうとする子供はいますか…」
最後に、哲也は生涯抑圧してきた母親に怒りを表明する。 代わりに安倍前首相に。
*****
参照 :
FNN
タイの新年

日本ツアーのグループ

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です