1932年から2022年までの6月24日:君主制から民主主義へ

1932年6月24日は、君主制の政治体制の終焉であり、タイ王国の民主主義社会への道の時代の始まりと見なされています。 これまでに達成されたことは、90年以上というかなり長い期間ですが、タイ王国はまだその目標を達成していません。 完全に民主的で威厳のある社会であるという目標はまだ達成されていません。

日本やブータン、さらにはマレーシアとは異なり、君主制や私たちのような王国の下にありましたが、民主主義はタイ王国よりもはるかに進んでいます。 日本、韓国、台湾、インドネシア、フィリピンも同様です。 軍事政権のトラウマに長い間耐えてきた人々は、今や独裁政権を解放しました。 社会を民主主義に導く

さまざまな国でこれら、彼は時代遅れの社会から彼らを解放しました。 または権威主義社会理由の1つは、そのすべての人々のためでした。 彼らは、彼の国が民主主義の方向に走らなければならないことに同意しました。 人間の尊厳のためにそして彼の善と彼の国のそれを優先するために

タイ王国の過去90年間の民主主義の道のくだらない質問重要な理由は、すべてのタイ人、すべての国とすべてのグループが、タイ王国を民主主義社会に構築することの深刻さに同意できないことです。 。 なぜなら、タイの人々の間には、まだ権力に固執しているグループを持つように、常に思考の分裂があったからです。 彼はまだそれを解放したり市民と共有したりすることを拒否している、あるいは権力を握ることを目指すグループがあるからだ。 そして、その力を使って、自分自身のために力を統合したり、利点を求めたり、国を体系的に悪用したり詐欺したりします

さらに、タイの社会はしばしば寛大さを欠いています。 お互いの異なる考えの思いやりと受容、そして民主主義社会を強化するための障壁を取り除くために協力して詳細な議論を行うためのプラットフォームの欠如

このように、君主制から過去90年間、私たちは介入、寡頭制、独裁政権、財務政権の崩壊、そして酔わせるプロパガンダを目撃してきました。 私たちが見たり感じたりすることができるように、国家の狂信、ナショナリズム、ポピュリズム、消費主義、権威主義によって。

しかし、私たちすべてのタイ人は、運転する責任を共有しています。 タイ王国の民主主義社会の現実を継続的に改善します。 それは世界が発見した最高の統治システムと考えられているからです。 すべての市民を尊重し、国家権力の違法な使用に反対します。そして私たち全員には、先祖が始めたことを継続する義務があります。 民主主義社会であることが重要な要素である場合、独立を強化し、進歩と現代性を促進する実践

今日まで、タイ人が政治を理解していないことを知らないと言ったり非難したりする必要がある場合、目覚め、目覚めはますます連続的になっているので、私はおそらくもうできないでしょう、しかしで

1.完全に民主的ではない憲法

2.公務員、軍隊、警察、民間人のサークルでよく見られる保守的なグループまたは権威主義

3.民主主義しか知らない政党グループや政治家は、国家権力を獲得するために選挙を行います。 そして彼自身の利益のために

4.お金を使って自分たちの生き方や政治的方法などを支配する政治的ビジネスグループ。

したがって、憲法を解き放つことは、民主主義と権威主義のハイブリッドです。 したがって、民主主義が円滑かつ尊厳をもって展開できるようにすると同時に、軍は政治権力の考えと野心に終止符を打たなければなりませんでした。 公務員は権力の委譲について考え、地元の専門組織やさまざまな社会的利益団体に分権化する必要があります。さらに、政府には情報を提供する義務があります。 優れたガバナンスの原則が実際に効果的であることを確認するために、意思決定と監査の両方で意識を高め、参加を構築する。

どんな社会的変化においてもそれは通常2が付属しています一般的な方法は人々の革命です。 または支配階級のビジョンと良い願いを込めて。

タイ社会は共産党のプロセスを受け入れてきました。 衝突抗議を何度も見、抗議と買収につながる政党の不正行為のサイクルを見た。 そして、選挙を伴う政党で再開しなければならない前に、新しい憲法を作成します。これに続いて、無限ループでの政党の不満足な行動が続きました。

絶対的な大臣になる機会から代表者になることから分離しなければならないという考えを持ち始めたのは、代表者が立法上および予算上の管理に取り組み、内閣または行政に渡ったり、関与したり、参加したりする必要がないことです。厳密に分離そして、政権または内閣は、良い歴史を持つ人々のグループから選ばれなければならないでしょう。 知識と経験と専門知識を持っています。いくつかは選ばれます、それは様々な専門家グループによって提供されるかもしれません。 市民社会部門を含むそれとも全国採用委員会が設立されるのでしょうか? 国王によって任命されるか、衆議院に100から200の名前を思い付かせることができ、候補者は呼ばれる訓練を受ける必要があります。 比較政治システムやタイの政治史などを十分に理解するための市民権や政治教育。

タイの民主主義の進化の歴史全体を振り返るには、90年で十分です。 そして、真に民主的な社会を実現するために、タイ王国の新たな基盤を真剣に確立します。 少なくともどの国でも

Kasit Phirom

kasitfb@gmail.com

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。