ADフードグループは、ADフードを立ち上げ、日本食事業を強化

AD Food Groupは、AD Food Shop(Mart Hybrid Park&Go)を全国にオープンし、2023年までにバンコクとその周辺地域に10の支店を完成させることを目指して、日本の食品事業を強化しています。

AD Food CompanyLimitedのマネージングディレクターであるAphidejChayanonkasree氏は、2023年に、バンコクとその周辺の10の支店に日本食製品を販売するADFoodShopのオープンを拡大する計画があることを明らかにしました。 現在、第1支店は、本社のBanthat Thong Road、Samyan-Chula 34に開設されており、今後3年間で、ADFoodShopの全国展開を目指しています。

AD Food Shopのオープニングコンセプトは、AD Food Groupの日本食製品を販売する店舗であり、日本食の食材やすぐに調理できる日本食製品が含まれます。 A-Dai、AD(AD)などのさまざまなAD Food Groupブランドの下で、AD Food Shopは、顧客のニーズに迅速かつ迅速に対応する高品質のADFoodGroup製品の流通拠点でもあります。 国際基準に準拠した商品の製造、流通、配送の両方主な顧客は小売業者、レストラン、レストラン、家庭料理人です。また、AD Food Shopには、D-Restaurantsと呼ばれる日本のすぐに食べられるレストランもあります。 プロの日本人シェフによる美味しいメニューを作成し、各グループのお客様に平等にサービスを提供します

AD Food Shopのオープンは、より効率的にビジネスを行うことができるように、地域のADFoodまたはキーアカウントの顧客の活動を強化することも目的としています。 清潔で安全で標準的な製品を受け取るという点で、サービスの一貫性とリーズナブルな価格を含む製品の品質は競争力があります


Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。