AICセンターは日本の高崎大学と提携しています新しい代替タンパク質Siamrathから食品を積極的に開発しています

農業は将来の食料政策を推進し、日本との協力を拡大し、収入を生み出し、農民に新しい雇用を創出することを目的として、タイからの昆虫粉末製品の輸出を増やしています。

65年7月5日、本日(7月5日)東京の外国農業諮問局からの報告によると、アロンコン・フォンブトル農業協同組合大臣の顧問であるソムサック・ウィウィトガユラウォン氏が述べた。 東京大臣カウンセラー(農務省)ChotiPungcharoenpong農業大臣諮問ワーキンググループNathakornSuwanthada農業大臣諮問委員会SakonWanasethiカウンセラー(農業)東京農業諮問局とそのグループは群馬県の高崎市経済大学が水口武学長に会う。 昨日、高崎大学によるフューチャーフード(フューチャーフード)の開発協力を拡大クラッカー、プロテインバーなど。

FuturenotのCEOである櫻井れん氏と最高技術責任者である飯島明宏氏が会社情報を紹介し、クリケットラボと製品開発を見学しました。

この使命については、農業大臣顧問のアロンコン・フォンブトル氏のニュースとインタビューを続けることで、日本のメディアから多くの関心が寄せられました。 フューチャーノット株式会社代表取締役会長水口武博士、CEO櫻井れん

農業技術革新センター(AIC)の実行委員会の委員長として農業協同組合大臣の顧問であるAlongkorn Polabutは、三徳武社長とFuturenotCEOの櫻井蓮氏による交渉の成功に満足を表明した。コンケン大学カセサート大学チェンマイ大学などの昆虫分野で、農業協同組合省の農業技術革新センター(AIC)との理解覚書に署名する準備ができています。研究に協力する将来の食品政策とChalermchaiSri博士のグローバル昆虫ハブ政策の下での新しい代替タンパク質食品への昆虫の開発と農業協同組合大臣はまた、農業協同組合省の食品農業機構のガイドラインに従って受け入れます国連(FAO:Org 国連食糧農業機関)は、昆虫は世界の食糧の将来の供給源であり、持続可能な開発目標を達成していると述べています。 (SDGs)国連も同様です。

「昆虫タンパク質は、スーパーフード、ニュープロテインソース、フューチャーフードに分類され、生産、加工、マーケティングの基準を満たす必要があります。 健康に有益な栄養素の価値を強調することによって。 (栄養素)、タイと日本の間のこの協力は、昆虫ベースの食品の研究開発における重要なステップです。 Futurenotは、タイと日本でのコオロギ生産に投資する予定です。また、コオロギの香りと味を決定する特定の成分を含む食品ロストフードと昆虫食品を開発することでコオロギ粉末を輸入します。これは、消費者のニーズを満たすための有用な実験的アプローチです。大学は消費者経済学を専門としています。 また、市場をリードする生産政策の策定にも役立ちます。 重要なことは、タイが生物多様性と、コオロギ、サゴヤシ、桑蚕、エリー蚕、アカエイ、巣穴蜂、鳥虫、縞模様などの経済昆虫に持つ強みから、雇用を創出し、雇用を創出し、収入と新しいビジネスを生み出すことです。ハチ、カイコなどは、人間の食べ物、動物、薬用化粧品、薬、さまざまな健康飲料として生産することができます。 現在、農場と農民の大規模な区画があります。 10万以上の農場が、コミュニティ企業や民間企業によって南アメリカの多くの国に輸出されています。 ヨーロッパとアジアこれは未来のある新しい基本経済です。

東京のソムサック・ウィウィット・カユンウォン大使カウンセラー(農業)は、日本の昆虫飼料市場は高い成長の可能性を秘めていると述べた。 日本人は虫食いにもっと注意を払っています。 SDGsの原則に沿った高い意識を持っています。 現在、クリケットパウダーを混ぜたクラッカー、クッキー、クリケットラーメンなどの昆虫食品。 利用可能です。 したがって、タイが日本の市場を拡大する機会です。

現在、日本は昆虫や昆虫ベースの食品の輸入条件をケースバイケースで課していません。
特別な、一般的な供給条件に従って輸入することができます。 同時に、農林水産省(MAFF)は、基準を確立し、植物性タンパク質、昆虫用食品、動物飼料などの未来の食品の使用を促進するために、フードテックワーキンググループを設立しました。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。