Ban Muang – 農務次官はチームを率いて茨城県を訪問し、日本のスマート農業のイノベーションを研究しました。





Ban Muang – 農務次官はチームを率いて茨城県を訪問し、日本のスマート農業のイノベーションを研究しました。

















2022 年 8 月 6 日(土)午前 4 時 54 分

経済

農務次官が一行を率いて茨城県を訪問。 日本のスマート農業のイノベーションを学ぶ。

2022 年 8 月 5 日金曜日、午後 5 時 51 分

2022 年 8 月 5 日、農業協同組合省の次官である Thongplew Kongchan 氏は、農業協同組合省の指導の下、茨城県を訪問しました。農協省と日本の農林水産省 (MAFF) は、農業と食品における革新と技術の研究開発のための日本の主要な機関である国立農業研究開発法人食糧農業研究機構 (NARO) との協力について話し合います。 実験を行う国際農林水産業研究センター(JIRCAS)。 農業、林業、漁業、その他の熱帯に関連する産業の研究技術。 両機関の幹部主催で、政府機関に関するブリーフィングを行う スマート農業における技術と革新に関する研究 スマート農業機械のプレゼンテーションとエビ養殖技術の研究開発

日本はアジアのモデル国であり、農業分野における総合的かつ実用的な技術とイノベーションの開発を重視しています。 高齢農家の製造コストが高い、人手不足、農産物の品質が市場の需要に応えられない、不安定な農産物など、さまざまな問題を解決するために、タイでも同様の問題が発生しています。

「タイは、より多くの農業技術とイノベーションを適応させる必要があります。 競争力を強化し、新世代にとって魅力的なキャリアになる 食品の安全性を促進する 生産効率と食品の安全性を低コストで向上させます。 農産物の生産と持続可能なフード システムを改善し、市場の需要に応じて生産することで農産物に付加価値を与えます。 スマート農業技術の経験 知識/専門家の交流と会議/ワークショップ したがって、農業協同組合省がタイの農業部門を強化することは非常に重要です。 農産物と環境保護のバランスを強化することです」と Thongplew 氏は述べました。





Nakao Momoe

「フリーランスのベーコン愛好家。音楽愛好家。起業家。ワナビーアルコールオタク。学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。