Blueprint 75: Breath of Retirement 自分の意思で死を選べ

この記事では、映画の内容の一部を明らかにします。

「日本は高齢化社会に突入しています。 政府は、高齢者の世話をするために国庫からお金を割り当てなければなりません。 次の国で背負わなければならないのは、私たちのような若者です。

日本映画の最初の数分の未知の若いキャラクターからの引用 死を選択するのに75日かかる 早川千枝監督が、日本の高齢化社会の現実を映し出す。 このシーンは、社会から障害者を根絶するために、2016 年に老人ホームで障害者が虐殺されたことに基づいています。

死を選択するのに75日かかる 2023年アカデミー賞日本映画代表に選出、その前に2022年カンヌ国際映画祭でカメラドール特別賞を受賞した早川千絵が、本作のメイキングでもある。

映画のオープニングシーンに描かれているように、高齢者に対するさらなる残虐行為を防ぐために. 日本政府はすぐに「プラン75」を制定したが、プロジェクトは選択肢になかった。 むしろ、高齢者が団結して社会の大きな変化の中で前進するための招待状です。

高齢化社会の解決策は高齢者を減らすこと

「プラン75」は、安楽死(安楽死)のために75歳以上の日本人を受け入れる日本の法律に基づく政府のプログラムです。 人口の高齢化を減らし、国を資源のバランスに戻すという最終的な目標を持っています。

Plan 75 への加入申請の要件は非常に便利で簡単です。 あなたがしなければならないのは、当局に要求を提出することだけです。 死後に必要な葬儀の形式を指定する 無料 身分証明書不要 申請者本人以外の同意は必要ありません。

それだけでなく、プログラムに参加することで、申請者はさらに 100,000 円を無料で使用できます。 専門スタッフによる毎日15分間の会話・聞き取りサービスをご出発前日まで。 そして、最後の瞬間に豪華さと快適さを楽しみたい人のために、5 つ星ホテルに無料で宿泊できます。

「賞をとったようなものです。」

ミチ 倍賞千恵子が演じる 78 歳のホテルの家政婦は、彼女の孤独で困窮した生活が適切な目的地を見つけるのを助けることができる計画 75 プロジェクトの提案を聞いた後、叫びます。

プラン 75 は、日本の高齢化人口の減少に大きな成功を収めました。 プロジェクトに興味を持って関わっている高齢者が多いからです。 国に新たな希望をもたらすプロジェクトとして歓迎されるまで経済と社会が再び繁栄するように回復するのに役立ちます. ミチは、現在の仕事を引退したわけではありませんが、プラン75に参加した人の1人でした.

80 歳の女性にとって、生活の主な手段として行使できる職業はほとんどありません。 そうでなければ、単なる物理的な劣化要因です。 しかし、どの会社も年配の従業員を雇いたくないからです。 ミチの晩年に安定を見つけることは非常に困難でした。 政府の安楽死プログラムの下で死に至る間は、バラの花びらが散らばったカーペット敷きの小道と同じくらい快適です.

物語は映画を通して伝えられます。 超高齢社会に突入し、人手不足の危機に直面する日本社会からの事実に基づく情報です。 現在、日本政府は、60 歳を過ぎても働き続けられるように定年を延長し、高齢者の健康と生活を支える技術を開発することで、高齢者の就労を奨励しています。高齢者。

現実世界の日本もそうです。 しかし、多数の高齢者に割り当てられる予算には限界があります。 これが、映画のプラン 75 がやり過ぎで、今日の社会からかけ離れているように見える原因の中心にあることが判明しました。

一番怖いのは死ではありませんでした。 しかし、希望なしで生きる

映画の113分間を通して、国の未来を救うために死ぬことの価値を思い起こさせるメッセージがしばしばあります. 高齢者の生活を犠牲にして、子どもや若者の活躍の機会を広げることが、社会の共創的なアプローチになっているようです。

「日本人は国のために死ぬ、死ぬことを誇りに思うべきだ」

それが私がすべきことです。 孫の未来のために

会話は陽気でした。 ミチの古い友人のグループが、高齢者のために特別に用意されたカラオケルームで歌う曲を選んでいる間。

同じ映画 ダイエット75 タイの名前になります 死ぬ日を選ぶ しかし、この物語の死は、恐ろしい、恐ろしい、または絶望的なものとして描かれるのではなく、単純で、穏やかで、正常なものとして描かれました. 日常生活の中でよくある話として プラン75の下での死は、地球上で長い間生きてきた人々にとって非常に優しく、自分自身で人生を終わらせることを決めるかもしれないからかもしれません.

ソフトな成熟度に加えて、プラン 75 は、世界を一人にしたくない人向けの特別なオプションである「グループ プラン」も提供します。 参加者の遺体は他の参加者と一緒に埋葬されました。 死後

人間の脳と知覚は、息を切らした状態では機能しないことを知っていても. しかし、グループプランは依然として非常に人気があります。 寂しすぎる屍にならないから

親も家族もいないミチは迷わず団体プランを選んだ。

それでもミチの選択は、国を救うため、次の世代の未来のために死ぬことではないかもしれません。 でもそれは、孤独な人生の終わりを癒す方法です。

78歳の主人公の物語は、幼い頃から失敗と失望に満ちています。 人生に安定を見出せない老年期に達するまで、これは何十年生きても望み通りの成功を収めることができない状態を明確に示しています。

ミチに限らず 今の社会でも、物足りなく年をとっていく高齢者は少なくありません。 老化の始まりはまた、私たちと社会のニーズを完全に満たすことができる時間がなくなっていることを思い出させます. それからだんだんと駄目感が増してきました。

高齢者の心にある絶望的な孤独は、高齢化社会における国を運営する上で取り組むべき重要な課題の1つです。 マズロー(エイブラハム・H・マズロー)の欲求階層論、アメリカの集団心理学者・哲学者に言及する必要があります。 これは、人間が階層的な行動と表現を持っていることを示唆しています。

五つの欲求とは、身体的(生理的)、安全、安心(安心)、帰属意識(帰属意識)、尊敬(尊重)、人生の意味や充足の実現です。 上記の理論は、人間のニーズが階層的に進化するべきではないという理由で批判されてきましたが。 しかし、それぞれのニーズの関係は常にリンクされ、影響し合っています。

高齢者にとって 住居、食事、健康保険などの身体的要素を満たす必要性 安定した安全 周囲との関係を維持し、他の人や自分自身を尊重すること これは、人々が社会で自信を持って生活できるようにするための重要な要素です。 . そして、人生の後半における一体感への道です。 したがって、高齢者自身の適応に加えて、国家権力の監督下で、これらのニーズに応じた高齢者のケア政策を設計することも重要です。

理由はどうであれ、Plan 75 は高齢者の方々から多大なご協力をいただきました。 映画に現れる事実の 1 つは、このプロジェクトの概念が社会のすべてのグループに受け入れられなかったということです。 とはいえ、諦めるほどの拒絶ではなかった。 喉の渇きをいやすことで高齢者の数を減らすことを目的とした政策は10年以上前から実施されており、65歳からの高齢者がプログラムに参加するためのしきい値をすぐに引き下げる予定です.

日本社会の停滞を反映して、年齢は10歳に引き下げられました。 これは、社会の高齢化の問題を解決するために行動することに加えて、人々が安楽死を受けることを許可することの成功は、長寿がもはや今日の人々の要件ではないことを思い出させる.

プラン 75 は未来に関するものではありません。 しかし、それは現在の結果です

物語の重要なメカである元主人公に加えて。 Plan75プロジェクトには若いキャラクターも関わっています。ヒロム サービススタッフ 磯村隼人 描き下ろし 陽子 河合ゆうみ演じる高齢者向けコールセンターの職員と、結婚 高齢者と一緒に暮らさなければならない社会の若者を代表するステファニー・アリアンヌ(ステファニー・アリアンヌ)が演じる葬儀屋。 しかし、プラン 75 に関する会議により、3 人は高齢者の死につながるプロセスに参加することを余儀なくされます。

高齢者と一緒に仕事をする中で育んだ絆や感情の一部。 プロジェクト参加者の決定を修正することを決定するためだけに、トリオを仕事のルールを破ることに決定するように導きます。 わかっていても、結果を変えることはできません。 この映画は、3つの理由を直接関連付けていません。 しかし、登場人物の行動を通して観客にそれらの答えを見つけてもらいましょう。

否定できない仮定は、私たちは将来、高齢者になるということです。 (十分に長い場合)、今日でも、彼はまだ子供、ティーンエイジャー、または若者として存在しています. しかし、あなたに言わずにあなた自身の将来の終わりの表現を見ることが最善の選択肢です. 現在の気持ちを揺さぶることができます

プラン 75 は、おそらく映画に登場する唯一の政策です。 しかし、「リアル」な感覚とは、架空の人物を通して物語を語ることだけではありません。 多くの人にとって、安定と成功の追求が困難な時代にはなおさらです。 アイデンティティーや価値の創造は、時代の変化の中でも起こります。

その時が来れば、私たちは皆、生きるか死ぬかを選択する独自の答えを持っているでしょう。

参照

ラピーパン パントゥラット

ソンクラー生まれだがハートヤイ出身ではない チェンマイからのマスコミを終えた後、彼は荷物を町に引きずり込むことにした。 話すより書くほうが好き 見るより読むほうが好き 紙とペンが 1 組あります。

Nakao Momoe

「フリーランスのベーコン愛好家。音楽愛好家。起業家。ワナビーアルコールオタク。学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。