DEK JBC SPUは、創造的な「日本語」活動を通じて楽しく日本語を学びます

正常に終了しました!! 言語は文化の一部であるため、日本のキャンプ活動(SPU日本語キャンプ#3)に。 さまざまな言語の文化を学び、自然な関係に基づいた視点やアイデアを作成するのに役立ちます。 このため、文化を学ぶことは、言語学習において学習者がより多くの知識と理解を得るのを助ける重要な活動です。

シーパトゥム大学芸術コミュニケーション学部日本ビジネスコミュニケーション学部長の森康正助教は、高橋明先生、竹村晃春先生、夏井なっちゃい先生と共同で「やるき担当!!」プロジェクトの活動を企画しました。 :JBCの人のスイッチを入れてください)」コード62の学生と登録された学生の場合3年目のビジネスコミュニケーションのための日本語コースの学生、SPUは実際の人と学びました。 「言語の流暢さ」をコンセプトにしたクリエイティブな日本語キャンプ活動を通しての実際の経験。 日本語のスキルを向上させるためにアイデアを交換します。 学習に対する態度の変化や、教養学部のワラポーン・タイマ助教が表彰する日本語の使用を含む、活動ベースの学習の改善は、展示ホール、1階、エリアC、11号館でのプロジェクトのオープニングを主宰しました。スリパタム大学、バンコク(バンケーン)。

キャンプ内には、特定の活動やレクリエーション活動、ディスカッション、プレゼンテーション、プロのコーチのチーム、ヘルスセンターの所有者である「コーチソム」、金融、衣類による脳、心、体を使った軽い運動など、多くの活動があります仕事。 さまざまな雑誌に掲載された「メン・オブ・ザ・イヤー」や「孝」、映画のビジネスパートナーである「コーチ・ロック」など、数々の賞を受賞したビジネスマン「コーチ・ピーター」。 知識を共有するだけでなく、経験や技術を共有することで、生徒は楽しみながら学ぶことができます

そのような活動のために2022年6月29日から30日まで、日本語とビジネスの知識を真に応用し、成長マインドセットを作成することを目的として開催されました。 協力の役割を含むグループ活動を通じた学習によるグループ責任グループ活動を通じた学習、および自分の体と心を刺激すること。 具体的な活動には、「言語の流暢さ」の概念の下で脳、心、体を使用するレクリエーション、ディスカッション、プレゼンテーション、軽い運動が含まれます。


Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。