J-Park シラチャは、バンコク以外で最初の「ドンドンドンキ」支店を立ち上げます。 タイ人と日本人の買い物客をなだめる



シラチャ ニュース センター 日本型コミュニティー型ショッピングモール「J-Park シラチャー日本村」が、バンコク以外で初となる「ドンドンドンキ」店をオープン。 ドンキ初の回転寿司店(ぜんぜんすし)でタイ人、日本人の買い物客を魅了

昨日(9月9日)、サハグループ会長のブニャシット・チョクワタナ氏、サハ・パタナ・インターホールディング・カンパニー・リミテッドのウィチャイ・クルソンポップ会長、ドンキ・タイランド社の島貫陽介最高経営責任者(CEO)とともに. 、 TOA-Shinto (Thailand) Co., Ltd. 社長 Nuttawut Tangkaravakun 氏チャオ プラヤー スラサック市のタナパット パンチャラームチャイチョク市長 J パーク シラチャ日本村プロジェクトのドン ドン ドンキ (DONDONDONKI) 支店を開くために一緒にリボンを切りましょう。

ドン ドン ドンキ J パーク シラチャ店はドン ドン ドンキのバンコク以外での最初の支店です。 総面積2,000平方メートルのドンドンドンキの6店舗目で、ニュータウンエリアの2階にフルオープン。 生鮮食品(野菜、果物、魚、肉、調理済み)、スナックエリア、小間物エリア、キッチンエリア、日本から輸入された高品質の製品を扱う化粧品エリア

12,000 を超えるドンキ限定商品を販売しており、ドンキ (タイランド) が J パーク シラチャに回転寿司レストラン「ドンドンドンキがプロデュースするセンセン寿司」をオープンするのも初めてです。新鮮な食材を使って寿司を成形し、ベルトコンベヤーで提供する日本の技術を使用しています。J Park シラチャの成功は、シラチャ地域の人々と東部地域の人々を豊かにする優れたパートナーとのコラボレーションの結果です。さまざまな商品やサービスにアクセスし、コミュニティを強化するのにも役立ちます Jパークの日本式ショッピングセンター


サハ・パタナ・インターホールディング・パブリック・カンパニー・リミテッドのウィチャイ・クルソンポップ会長、日本式コミュニティ・ショッピングモール「J-Park シラチャ日本村」の開発者。 また、SPIが昨年からスタートした「Jパークシラチャ日本村」第2期ニュータウンゾーンへの投資に続き、和風コミュニティ型ショッピングセンター「Jパークシラチャ日本村」への投資進捗も明らかにした。両方のシラチャコミュニティから好評であることがわかりました。 そして近く

Donki (Thailand) Co., Ltd. 社長の島貫陽介氏は、以前は、ドンドンドンキの顧客は、土曜日と日曜日に自由な時間や休暇を見つける必要があったことを明らかにしました. バンコクへの旅行はドンドンドンキから商品を購入するためですが、今日はチョンブリエリアのお客様やシラチャの日本人の方がドンドンドンキにアクセスして商品を購入しやすくなり、当支店のサービスを24時間ご利用いただけます。


最近、Jパークシラチャーは、祭りを歩きながら浴衣を着る雰囲気の中で、日本の夏祭り(夏祭り)も開催しました. 特に注目すべきは、日本の夏祭りの独特でカラフルなイベントである盆踊りです。

そんな中、「J-Park シラチャー日本村」は、デザインや装飾を通じて日本の美しい文化をタイの方々に体験していただくことを目的に開設されて8年になります。 建物、歩道、橋は伝統的な日本建築のレプリカです。 日本の村、日本庭園、そしてたくさんの写真を撮る美しい場所。

地域のリーダーであるというイメージの点で両方を満たす 和風ショッピングモール レストランの集まり 総合的で多様な日本の店 地域のリーダーになる 真の和風ショッピングモール.

Tamashiro Masumi

「ゾンビ学者。不屈のツイッター実践者。献身的な思想家。読者。一般的な主催者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。