KASIKORNBANK は来週 34.70-35.60 バーツを予想、第 2 四半期の GDP、外国資本に注目: InfoQuest

Kasikorn 銀行は、来週 (8 月 15 ~ 19 日) のバーツの動きを 1 ドル 34.70 ~ 35.60 バーツと見積もる。 一方、注目すべき重要な要因に関するカシコーン リサーチ センターの評価には、タイの 2Q22 の GDP 数値、外国資本の動向が含まれます。 台湾問題に関する米中情勢と FRB 当局者の声明 米国の重要な経済指標は住宅市場の指標です。 ニューヨークとフィラデルフィアでの製造業に関する連邦機関の調査、8 月。 ホーム ビルディング ニュース 7 月の工業生産、小売販売、中古住宅の販売、7 月 26 ~ 27 日の連邦機関の会議議事録。さらに、市場は 7 月のインフレ率に引き続き注目しています。 2Q22 の日本とユーロ圏の GDP。 住宅価格指数などの7月の中国経済データを含む。 工業生産と小売販売

しかし、バーツは上昇の枠組みの中で変動した。 週末には 1 ドル 35.16 バーツで、約 1 か月半ぶりの高値を付けました。 さらに、外国人投資家によるタイの株式と債券の買い越しポジションが他のサポートを提供しましたが、バーツは一時的に下落しました。 主要金利を0.25%から0.75%に引き上げ、将来の金利の段階的な上昇を発表した金融政策委員会(MPC)の会議の後。

国内市場の休日に向けて、バーツは再び上昇した。 一方、米国債利回りの低下を受けてドルは下落しました。 消費者物価指数 (CPI) が 7 月に前年比 8.5% に減速した後 (市場予測の前年比 8.7% を下回る)、米国のインフレ率はピークを過ぎたに違いないという見解が確認されました。 また、FRB が将来的に主要な利上げを加速する必要がないようにすることもできます。

2022 年 8 月 11 日木曜日、バーツは 1 ドル 35.57 バーツから下落し、国内では 35.17 で取引を終えました (1 か月半ぶりの高値 35.16 を記録)。 先週の金曜日(8 月 5 日)、8 月 8 日から 8 月 11 日の間に、外国人投資家が NET INFLOW ステータスのタイ株式を 144 億 3100 万バーツ購入し、84 億 8700 万バーツで債券市場に参入しました。債券、5 億 1000 万バーツの債券)

InfoQuest News Agency (12 Aug 65)

タグ: タイバーツ, タイバーツ

Tamashiro Masumi

「ゾンビ学者。不屈のツイッター実践者。献身的な思想家。読者。一般的な主催者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。