Political Chronicle – 株式の消費税を徴収することは価値があります – 価値はありません。どの角度から見ていますか?

通常、人間社会の性質には常にプラス面とマイナス面があります。 または違いに同意する視聴者がどちら側を見ているかによって、これに興味があります。 どんだけ、誰かのコメントを聞いて。 利害関係者がどれほどオピニオンメーカーであるかを深く検討する必要があります。 彼らの意見について

いずれにせよ、直接の利害関係者は存在しませんでした。 誰も個人的な利益を失いたくないので、偏見や偏見なしにこの主題について意見を述べます。 この問題に個人的な関心を持てば持つほど、自分の個人的な関心を可能な限り長く大切にすべきであることに気付くでしょう。 しかし、彼が負けた側にいるのであれば、彼はできるだけ自分の利益を主張するように努めるべきです. しかし同時に、優位性が 1 つのイオタを減少させることは決して示されていないことがわかります。

株式売却税の徴収の問題も同じです。 この問題は、コメンテーターがどの角度から見ているのか、彼らがどのような帽子をかぶるか、または株式の消費税を徴収するメリットを失うかを検討する必要があります。 そしてもちろん、株式市場の人々は、自分のビジネスに価値があると言うでしょう。 国を無限に繁栄させ、売上への課税は株式市場のビジネスを停滞させると言っています。 彼がそう言わなければならなかった理由は、彼が以前に受けた利益を失ったからです。

消費税を徴収したい人の視点から見ると、彼が国を運営するためにお金を必要としていたため、特に彼が政治的人気を得るためにあらゆる種類のお金を払い出したとき、すぐに理解できます. お金があまりにも必死に分配されたとき、彼はほとんど盲目になりました。 彼らが引き起こした巨額の負債をカバーするためにお金を用意してください。

株式市場税に反対する人々の言い訳の 1 つは、来年 (2023/2023 年) に世界が経済危機に直面するということです。 そして、多くの国が景気後退の問題を経験し、高インフレ、高価なものなどのさまざまな理由を提起することを見て、多くの人々が職を失うという問題に直面するでしょう. 工業部門の生産が減少するなど。 したがって、株式の購入は、タイの株式市場の魅力を弱め、外国人投資家がタイの株式市場に投資しなくなるため、課税されるべきではないと結論付けました。 来年と言う 株式の売上税の徴収には不向き

問題は、タイの株式市場で株式の売上税を徴収するのに適切な時期はいつかということです。 過去に、株式市場が非常に活況を呈していた時期には、経済状況が心配な時期に株式に売上税がかからなかったからです。 株式市場は暗いようです。 私は、この期間中は株式売却税を課すべきではないと言われた.

最初に知っておくべきことは、私たちの世界の株式市場には、株式に売上税を請求しない市場もあります。 しかし、一部の市場ではこの税金を徴収しているため、タイ政府は株式の売上税を徴収するかどうかを検討する必要があります.経済全体に最も大きな利益をもたらすのはどれでしょうか? 消費税の徴収がタイの株式市場の魅力を奪うのではないかという懸念については、私たちは自問しなければなりません。彼はトレーディングへの投資を続けています。 しかし、彼が計算して利益がないことがわかった場合、彼は他の源から利益を求めたに違いありません。 誰が彼に利益をもたらすことができるか 繰り返しますが、彼には、彼が最も利益を得るソースに投資することを選択する権利があります。 しかし、日本、米国、多くの西ヨーロッパ諸国など、多くの証券取引所が株式に課税しているため、消費税を徴収する国はタイだけではないことをここで覚えておく必要があります。

ただ、徴税制度の公平化は政府の喫緊の課題であることを強調したい。 タイは税制が不公平とされている国だからです。 しかし、自分自身を学者と呼ぶのが好きな一部の人々 (ただし、質の高い学術研究はしていない) には、政府が富を公平に分配しなければならないというニュースを自分自身の評判を高めるために提供します。 消費税やキャピタルゲイン税を徴収しなければならないことで、この税金の徴収がタイの株式市場を低迷させ、孤独にするなら、この税金の徴収を中止すべきだと言っています。

あなたは正直に言わなければならない この奇妙な申し出 そんな不吉なメロディー それは最もばかげた申し出です。 政府が下手な提案を信じるなら
学者は人気者になりたいので、必ず停滞政府になることを保証します。 公共政策にはある程度の安定性が必要であることを忘れないでください。確信が持てない場合は、この政策に投資する必要はありません。 気まぐれで公共政策を出す これは、政策立案者の愚かさを示しています。 賢明な政府が絶対にすべきでないこと 差し押さえと差し押さえの問題 有名になりたい学者の問題にしましょう。 それは本当に頭の悪い学者の個人的な行動だからです。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です