PTTEP は今年上半期の利益を 54% 増加させ、取締役会は 1 株あたり 4.25 バーツの中間配当を承認



PTTEP は、2022 年の最初の 6 か月間の営業成績を発表し、総収入は 45 億 4,300 万ドルまたは 1 億 535 億 2800 万バーツに相当し、2021 年の同期比で約 28% 増加し、純利益は 9 億 1800 万ドルで、311 億 1,900 万バーツに相当します。 54% の増加。これは主に、平均石油販売量が 1 日あたりの石油換算で 446,519 バレルに増加したことによるものです。 この 8% の成長は、オマーン プロジェクト、ブロック 61、G 1/61 プロジェクトによるもので、取締役会は 1 株あたり 4.25 バーツの中間配当を承認しました。

PTT Exploration and Production Public Company Limited (PTTEP) または PTTEP のマネージング ディレクターである Montree Lawanchaikul 氏は、昨年 4 月に PTTEP が G 1/61 プロジェクト (エラワン、プラトン、サトゥーン、フナン油田) の運営者になった後、次のことを明らかにしました。 同社は 2 つの生産井リグを設置しており、2022 年までに残りの 6 つのリグを設置する予定です。合計 8 つの海底パイプラインが敷設され、新しい生産井の掘削が加速されます。 ガス生産量を増加させる 生産物分与契約の条件を遵守する エネルギー需要を支え、国のエネルギー安全保障を強化する

海外プロジェクトの進展 PTTEP は、アルジェリアの Hassi Bir Rekaiz プロジェクトから、1 日あたり 13,000 バレルの生産目標で、今年の第 2 四半期に原油の生産を開始しました。


したがって、2022 年の最初の 6 か月間で、PTTEP は 45 億 4,300 万米ドルの総収益を達成しました。 これは、2021 年の同期間の総収入 35 億 4,600 万ドルまたは 1096 億 5,800 万バーツと比較して約 28% の増加です。油当量。 これは、2021 年上半期の 413,168 バレル/日 (BOED) と比較して、オマーン ブロック 61 プロジェクトの販売量の増加と天然ガスの生産量の増加を考慮した結果です。そして原油。 PTTEP は、G 1/61 プロジェクトの運営者となり、世界の原油価格の上昇に伴い製品の平均販売価格が上昇しました。

これらの結果に基づき、PTTEP は上半期に 9 億 1,800 万ドルまたは 311 億 1,900 万バーツ相当の純利益を計上しました。これは、前年同期比で 54% の増加です。 純利益は 5 億 9,800 万ドル (186 億 7,300 万バーツに相当) で、単価は石油換算で 1 バレルあたり 27.72 ドルです。 利息、税金、減価償却費および償却前利益は 76% です。

2022 年の第 2 四半期の PTTEP の総収益は 24 億 6,900 万ドル (849 億 5,500 万バーツに相当)、純利益は 6 億ドル (20,60 億バーツに相当) で、3 億 1,800 万ドルから 89% の増加、または同等のものでした。 G 1/61 プロジェクトの販売量と、世界市場価格に基づく製品の平均販売価格の上昇により、今年の第 1 四半期から 10,519 百万バーツになりました。

このため、当社取締役会は、2022 年 7 月 29 日に中間配当の支払いを承認する決議を行いました。 2022 年の最初の 6 か月間の業績は 1 株あたり 4.25 バーツであり、2022 年 8 月 16 日に配当を受け取る権利を受け取る基準日を設定し、配当は 2022 年 8 月 26 日に支払われます。

2022 年前半、PTTEP は収益を政府に引き渡しました。 これは、所得税、ロイヤリティ、生産ボーナス、およびコミュニティ開発、教育、研究開発などのさまざまな分野で国を発展させるための約 500 億バーツのさまざまな利益の形で提供されます。


モントリー氏は、2050 年までに温室効果ガス排出量を正味ゼロにするという目標に関連して、低炭素組織になるために、PTTEP は温室効果ガス排出量の削減を支援するために、炭素回収プロジェクトと炭素貯蔵 (CCS) の研究と開発を開始したと付け加えました。 タイで最初の CCS プロジェクトの研究と開発は、タイ湾のアーティット油田で行われました。 2023 年末までに投資決定を行う必要があります。

PTTEP は、日本の経験豊富なパートナーとも協力しています。 タイの他地域でCCSを研究・開発し、グループ内で協力する。 PTT は、PTT グループの産業および近隣地域の産業からの温室効果ガス排出量を削減するための CCS ハブ モデル プロジェクトに参加しており、最近では PTT グループのパートナーやその他の公共および民間セクターと協力しています。国の主要な産業部門における CCUS 技術の開発と応用を研究するための開発。 これらの行動はすべて、温室効果ガスの正味ゼロ排出というタイの目標を達成するのに役立ちます。


「今年上半期の業績は、期待通りの社会的および環境的責任と相まって、事業運営の成功を反映しています。 一方、PTTEP は、エネルギー移行をサポートし、競争力を高めるために、新しいベンチャー (Beyond E&P) への投資機会も探しています。 低炭素組織に参入し、将来の持続的成長を実現するために CCSやCCUSなどの多くの分野での運用と協力の進展、S1プロジェクトでの約10メガワットの太陽光発電プロジェクトの開発により、は、2023 年の第 1 四半期に発電を開始する予定の S1 プロジェクトで使用する再生可能エネルギーから電力を生成することで、二酸化炭素排出量の削減に貢献しています。さらに、同社はさまざまな新しいビジネスへの投資機会を模索し続けています。 計画通りに投資を進めていく」とモントリー氏は語った。

海洋の天然資源と生態系を持続的に保護し、回復するための「Ocean for Life」戦略の下での環境管理計画の推進について、PTTEP は Water Resources Information Institute と協力しました。 (公的機関)とカセサート大学水産学部は、「海流マッパー」バージョン プロジェクトまたは海流マッパーを実行して、衛星システムを通じて海流を追跡し、水生動物のライフ サイクル情報を収集します。 マイクロプラスチックを含む海洋ゴミの動き 海上早期警報の補足情報としても活用できます。 および地球温暖化の影響 タイ湾のアーティット プロジェクト周辺に最初の海流ブイが投下されました。 タイで初めて沖合の潮流の流れを調べるためのブイが放流されました。 また、海と生物多様性の健全性を監視するために、2023 年半ばまで毎月継続的な出版物が発行されます。 これは海の保全に役立ちます。

Tajima Setsuko

「情熱的な旅行ファン。ゾンビのスペシャリスト。ゲーマー。内向的。熱心なビール忍者。音楽愛好家。完全なウェブ中毒者。筋金入りのトラブルメーカー。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。