SSPは、日本で21 MW、7億1,818万バーツ相当の日高発電所を販売しています。 :InfoQuest

Sermsang Power Corporation Public Company Limited(SSP)は、65年5月20日に開催された取締役会第3/2565号が日高プロジェクトの売却を決定したことを明らかにしました。 日本の太陽光発電所プロジェクトであるSurgeEnergyCorporation Limited(SEG)(S.Global Power Limitedが100%の株式を所有する会社の海外子会社)による21メガワットの設備容量を持ち、TK(TK投資家)日本の再生可能エネルギー事業者であるZEC1合同会社のHidakeプロジェクトを28億円(7億1,818万バーツ)で所有するSS Hidake No Mori GK(SSH)の86.91%の株式全体。

日高プロジェクト北海道にある21メガワット/17メガワットの容量で、北海道電力会社と20年間の電力購入契約を結んでいます。 契約終了時の3月81日、プロジェクトは18年3月1日から商業運転を開始しました。

WarutThamavaranukup最高経営責任者SermsangPowerCorporation Public Company Limited(SSP)は、同社が日本で日高太陽光発電所プロジェクトを約7億1800万バーツ相当の17メガワットで日本のグループに売却する契約を締結したと語った。 。 2Q22すぐに、収益を使用して、あらゆる形態の再生可能エネルギー(再生可能エネルギー)発電所への投資を増やし、2025年までに500メガワットの電力容量の目標を達成する準備をします。

「この合意により、このプロジェクトへの投資に対して大きな見返りが得られました。 新規投資家は炭素排出量の削減を支援するクリーンエネルギー企業に焦点を合わせているため、利益の一部を日本の新しい発電所に再投資する予定です。 これは今年の終わりに開始する必要がありますそしてそれは現在進行中の他の多くのプロジェクトに投資する準備ができている資本です。

ワルート氏は言った

これまで、SSPはさまざまな再生可能エネルギー事業への投資を継続的に拡大してきました。 収穫量を増やし、ビジネスリスクを分散させる機会を創出するために国内の太陽光発電所だけではありません。 しかし、過去には、同社はバイオマス発電所に投資することができました。 9.9メガワットの容量、48メガワットの容量のベトナムの風力発電プロジェクト、および25%の45メガワットの容量のウィンドチャイファーム

明らかに、SSPの発電所ポートフォリオは太陽光発電所に限定されていません。過去1年間、同社は投資を拡大し、SSPをフルサービスの再生可能エネルギー発電所オペレーターとして確立しました。 風力発電やバイオマスプロジェクトなどの新しい高利回りプロジェクトを取得することでブラウンフィールドに投資するなど、より多くのM&A戦略を使用します。 このソーラーファームプロジェクトを売却して、新しいプロジェクトを拡大するための資金を調達します。これまでとは異なり、私たちはグリーンフィールドのみを行っており、その後はビジネスの成長に明らかな進展が見られると信じています。

現在、同社は強固な財政状態にあり、今回は日本の発電所の売却に加えて、資本基盤の強化をサポートしています。 あらゆる種類の再生可能エネルギー発電所ポートフォリオ拡張計画をサポートし、発電容量を2倍の500メガワットにすることを目標とし、エネルギー風力やバイオマスなどの新しいエネルギー源の割合を元の集中エネルギーから増やしますが、太陽エネルギーのみを使用します。これは、会社の全体的なパフォーマンスに貢献します。 安定した成長株主の皆様に良い利益をもたらす

InfoQuest通信社による(1965年6月9日)

タグ:SSP、タイ株、Sermsang Power Corporation

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。