「カシディス」は男子シングルス決勝で2つのお気に入りを失い、「ラック-CJ」はITFダブルス選手権で優勝

「カシディス」は男子シングルス決勝で2つのお気に入りを失い、「ラック-CJ」はITFダブルス選手権で優勝

国際プロテニストーナメントであるITFワールドテニスツアー2022は、世界ランキング、第1回「タイ-ITF男子テニスツアー」および第1回「タイ-ITF女子テニスツアー」からポイントを獲得します。賞金総額は25,000米ドルまたは約819250バーツです。 (合計2エントリー1,638,500バーツ)テニススタジアムで。 6月4日のチェンライの地方行政組織

準決勝で男子シングルスのカテゴリーでは、「ブーム」カシディットが成功し、21歳のストライカー、世界で985歳の男性が、オーストラリア出身の31歳のストライカーであるデインケリーを破った。 466歳の2番目のシード、セット2-0 6-4、7。-5プレーオフをカットしたロシアのコンスタンチン・クラフチュク・テンとの決勝に進み、台湾のチュー・ユエ・チョウ・テンを7-5で破った。 7-6(4)、修飾子としてカウントします。 Kasiditで初めてプロとしてプレーする

女子シングルスでは、29歳の「Earth」Piangtarn Plophuet、世界2位と378位が、最後のSEAGamesの金メダリスト「Luck」LaksikaKamkham、4位と458位を7セットで破りました。 6(8)と6-3は、予選に入った中国の高新宇との決勝に出場しました。 プレーオフをカットし、日本の第1シードの日比野菜緒を6-4、6-4で破った。

しかし、ラクシカはなんとか女子ダブルス選手権で優勝しました。 日本の小堀桃子と組んで、松田美咲と佐藤奈穂を破り、2人の日本人選手、リストの3番目のシードである2-0、セット6-3と6-3は現金を受け取ります。一般的な1,437米ドルまたは約47,090バーツ累積ポイント50点

男子ダブルスは、CJ「コンサップガンジスと今井真太郎が台湾のチューユエチョウと中国のサンファジンのペアを倒した。ショーの最初のガイドである2-1、セット6-4、1-6。スーパータイブレイクは10-8で、Kongsupのペアは賞金US $ 1,550、つまり約50,793バーツでチャンピオンシップに勝ち、25ポイントが貯まります。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。