「コマース」がBCG起業家を立ち上げ、オンラインチャネルを使用して企業とRCEPパートナーを結び付け、輸出機会を拡大



通商交渉部商務省加工食品とライフスタイルのBCG製品グループに潜在的な起業家を立ち上げる日本、ASEAN、国内パートナーなどのRCEPパートナーと企業をつなぐオンラインチャネルを通じて製品を販売する能力を高めるFTAを活用して貿易を増やすハンディキャップ拡大して海外市場に輸出

本日(7月25日)オラモン・サフタウィーサム国際貿易交渉局長は、商務副大臣(シニット・レルトクライ氏)が国際貿易交渉局にBCGビジネスモデル(バイオサーキュラー-グリーン経済)。 サーキュラーエコノミーとグリーン経済。 同省は、FTAの「FTA市場向けタイ起業家プログラム」(FTA市場向けThEP)の利用を促進する若手起業家農民促進プロジェクトを実施し、BCGモデルで事業を営む農民や若手起業家が特にRCEP諸国において、海外市場への輸出を発展させるための貿易ハンディキャップとしての自由貿易協定(FTA)。

オラモン氏は、同局が農産物、加工食品、ライフスタイル製品のカテゴリーで潜在的な起業家を売り込んだと述べた。 2022年7月25日から26日までのビジネスマッチング活動を通じてプロジェクトに参加します。この活動は、国際貿易促進局(DITP)の協力を得て、日本やASEANなどのRCEP諸国のパートナーと企業をマッチングします。トップスーパーマーケット、TVダイレクトおよびプラットフォームeコマースタイモール。これらは、自由貿易市場での貿易を拡大するための武器としてのFTAの使用に関するパイロット活動と見なされています。 また、オンラインチャネルを通じてより多くの製品を販売する機会でもあります。

オラモン氏は、過去の期間を通じて、同省は起業家コミュニティ企業、農民の可能性の開発に焦点を当てており、タイが締結したFTAの使用をサポートする準備ができていると付け加えました。最大23億人の人口を抱える大規模市場である経済パートナーシップ(RCEP)は、機会を増やすために世界市場への製品の輸出を開発します。貿易相手国はタイからのほとんどの製品の輸入税を免除または削減したためです。

「このプロジェクトの準備は、請負業者から良いフィードバックを受けました。 また、起業家にとっては、FTAを活用して海外市場への輸出を拡大するチャネルと機会がBCG製品にあることを具体的に確認するためのプロトタイププロジェクトと考えられています。 また、BCGのビジネスモデルと世界的な市場動向への対応でもあります。 技術革新の導入に焦点を当てており、資源を効率的に使用し、環境を重視することで、さまざまな分野のタイの起業家を支援し、育成する準備ができています。 自由貿易市場を拡大し、持続的に参入できるようにするためです」とオラモン氏は付け加えました。

興味のある方は、Facebook:Department of InternationalCommercialNegotiationを介してDepartmentの活動と広報情報をフォローできます。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。