「トマト」を最大限に活用するための5つの食べ方和風

トマトは健康に良い栄養価で知られる野菜です。 日本人はそれが大好きで、毎日食べています。 多くの人がトマトを食べることが最も栄養価が高いと信じています。 トマトは、日常生活に起因する病気の予防に役立つ抗酸化物質であるリコピンの体への供給を促進するために調理されますが、実際にはトマトを食べる方法は他にもあります。 さまざまな栄養素を摂取することも健康に良いです。 トマトを食べて栄養をとる方法を教えてください。 日本人の体に有益なもの

「トマト」を最大限に活用するための5つの食べ方和風

  1. リコピンを体内に送り込むために熱で調理されます。

リコピンは、低コレステロールや高血圧などの日常生活に起因する病気を予防するのに役立つ栄養素です。 しかし、生のトマトを食べると、体がリコピンを吸収します。 トマトを調理し、スプーンまたはヘラを使用してトマトをすりつぶすと、トマトの細胞壁が破壊されます。 そして消費されるとき、それは体がリコピンをよく吸収することを可能にします。 さらに、油で炒めると、リコピンの体への吸収が最大4倍になります。 ただし、油を入れすぎないように注意してください。

  1. それらを取得するためにトマトを購入します。ビタミンC体に入る

それはリコピンだけではありません。 トマトには、肌や骨の健康に欠かせないビタミンCも豊富に含まれています。 生のトマトを食べると、体がビタミンCを最大限に摂取できるようになります。また、ビタミンCが豊富なおいしいトマトを購入すると、トマトの下側が見えます。白い星の線がはっきりと見える場合、トマトは甘く、ビタミンCが多く含まれています。

  1. 冷凍庫に浸して、エスクレオシドAを受け取ります。

リコピンに加えて、近年発見されたばかりのトマトの重要な栄養素はエスクレオシドAです。これは血管を保護し、動脈硬化症を予防するのに役立つ重要な物質です。 大量のエスクレオシドAを吸収するためにトマトを調製する方法は、トマトを細かく切ることです。 冷凍庫に保管し、生で食べたり、調理に使用したりできます

  1. トマトをマッシュしてGABA(GABA)を取得します。

GABAはトマトに豊富に含まれています。 ストレスによる高血圧を軽減し、よく眠れるようにする上で重要な役割を果たします。 トマトシェイクを氷で食べると、生のトマトを食べるよりも最大1.7倍GABAを吸収するのに役立ちます。氷を加えると、トマトの臭いが減り、飲みやすくなります。

  1. グルタミン酸のピクルスでトマトを食べる。

グルタミン酸は、トマトに含まれる最もおいしいうま味成分の1つです。 研究によると、このアミノ酸は腸を保護するのに役立ちます。 そして、トマトを食べて腸の健康を維持するための最良の方法は、キムチ、ヨーグルト、ピクルスなどの発酵食品と一緒にトマトを食べることです。

トマトは体の健康と美容に役立ちます。 さまざまな栄養素を得るために食べるさまざまな方法があります。 しかし、栄養価を失わないために、上記の指示に従って生で調理されたトマトを食べてください。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。