「ドンキ」は3年で10店舗の開店を加速



デイリーマネージャー360-ドンキ(タイ)パンパシフィックインターナショナルホールディングス株式会社の子会社。 (PPIH)は新しいブランチを開発し続けています。 目標は、ドンドンキの5番目の支店であるバンコクで最初の支店であるSeacon Bang Khae支店の立ち上げとともに、今後3年間で10支店に成長することです。 公式の西海岸には、ドン・キホーテを歩くような雰囲気を与える「REALDONKI」のコンセプトがあります。 日本

株式会社ドンキ(タイ)取締役会会長の島貫陽介氏は、次のように述べています。 とそのパートナー。 シーコンバンケ株式会社 TOAベンチャーズホールディングカンパニーリミテッドとサハパタナインターホールディングパブリックカンパニーリミテッドは、ドンキのタイで5番目の支店です。 バンコクの西部地域で立ち上げられた最初の支店でした

Seacon Bang Khaeは、トンブリー地域で家族連れに最も忙しいショッピングモールの1つと見なされています。 この地域には多数のサービスユーザーがいます。 バンコク西側の顧客とのリーチを拡大したいドンキラタイの事業計画に沿った快適な旅行
ドンキの評判をさらに高め、人気を高めていきます。 今後3年間で10店舗に拡大するとともに、家族みんなで和風に使いやすい商品を販売する店舗を開設。


シーコンバンケ店は、店内の雰囲気をドン・キホーテのようにシミュレートした「REALDONKI」をコンセプトに装飾されています。 消費者の皆様からのご好評を期待して、ご家族の皆様の多様なニーズにお応えするため、「日本全国の幸せ」をコンセプトに、お客様に旅行に出かけて日本らしさを楽しんでいただきたいと考えています。 和風のライフスタイルや食文化の美しさを、サービスを最大限に活用するお客様に伝えることができます。


Seacon Bangkae Co.、Ltd.のゼネラルマネージャーであるSeacon BangkaeMallのエグゼクティブディレクターであるTatiyaSosothikul氏は、次のように述べています。比較的高い購買力と非常に特殊なライフスタイルを持ち、日本人の利便性の向上に貢献している顧客グループであるバンケ地域の消費者からの高品質な日本製品の需要を満たすことができる製品とサービス-この地域でのスタイルのショッピングだけでなく、ユニークで高品質な日本製品のショッピングへのアクセスも簡単です。すべてが1か所にあります。

Don Don Donki、Branch 5の場合、Seacon BangKhaeBranchはSeaconBangKhaeデパートの1階にあり、1,720平方メートルを超える販売エリアがあり、食料品、生鮮食品(野菜や果物など)などの12,000を超える製品を提供しています。 、新鮮な魚肉、惣菜)、アルコール飲料、化粧品、雑貨、スポーツ用品、おもちゃ、雑貨ペット用品など、日本から輸入した高品質な商品です。 ドン・キホーテを歩いているような雰囲気をイメージした「REAL DONKI」をコンセプトに、ドンキ限定で販売されている商品も。 日本


店内には手描きのディスプレイとPOP広告があり、さまざまな商品を楽しむことができます。店内は使い勝手が良いです。 また、日本から輸入したフルーツパイを販売するショップインショップフルーツコーナーのフルーツショップ「ふるふる」などの旗艦店もあります。 鮭のひき肉を使った「サーモンバーガー」メニューは、タイで初めて人気のピクルスドンキであるきわみなま食パンを使ったフレッシュフルーツサンドイッチ。 すぐに食べられる魚売り場「魚あはま食堂」や、すぐに食べられるコーナーで販売されています。 日本料理に不慣れなお客様に本物の味わいをアピールする「肉だましい」や、オムライスロールやオムライスなど、作りたてのおいしい卵を中心とした食べやすいコーナー「きいろや」。

「ラーメンセンター」は、シーコンバンケ支店初のドン・ドン・ドンキで、日本独自のラーメン味をお好きなだけお選びいただけます。 麺、スープ、またはさまざまなおかずかどうか。 敷地内での食事の形で、持ち帰り用に利用できます。 トンブリー側の消費者の様々なニーズに応えるために


さらに、ドンキタイランドは、手頃な価格で高品質の日本製品を提供することに引き続き取り組んでいます。 PPIHグループ会社の海外子会社の事業計画に基づき、「日本ブランド専門店」をコンセプトに、日本から輸入した製品、製品、食品、または日本製のブランドを展示します。 日本の料理と文化の魅力をお客様に伝えるために、「日本全国の幸せ」や「日本の幸せをみんなに」という新しいコンセプトを創り出します。 日本製品の品質と価値のより良いプレゼンテーションを通して。 新コンセプトに沿ったロゴデザインを盛り込んだ折り紙(折紙)の形で、「生産・流通・消費」のサイクルを表現し、「折神月」や「保証価値」を反映したものであり、 CSR活動を通じて環境保全に取り組み、すべてのお客様においしく健康的な日本料理を提供したいという企業の経営理念を表現。 心から

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。