「大石」が新ブランド「しゃぶしゃぶbyOishi」をオープンし、和風しゃぶしゃぶ体験を提供

日本料理の達人である大石(KING OF JAPANESE FOOD)は、事業ポートフォリオを強化しています。 大石グループ傘下の日本のケータリンググループが新たなブランドを構築し続ける最近、「SHABU By OISHI」の立ち上げにより、日本食体験を提供できるようになりました。 本物の日本のしゃぶしゃぶフレーバーの魅力を通してプレミアムしゃぶしゃぶを愛する人々のニーズに応え、最初の2つの支店であるファッションアイランド(ラミントラ)-セントラルプラザグランドラマ9からサービスを開始します。

大石グループパブリックカンパニーリミテッドまたは大石のNongnuchBuranasetakulマネージングディレクターは、今回の流行状況がより良い方向に広がり始めたことを明らかにしました。 ビジネスやその他の活動を促進するための方針や措置と相まって、人々は懸念を静める傾向があります。 いつものように家の外で徐々に日常生活を再開し、健康管理にも気を配っています。 特にしゃぶしゃぶやすき焼きなどの人気の日本料理を含む、おいしくて便利な料理のセレクション。 栄養素と栄養素を完備そしてそれは今でも私のお気に入りです。

「最近、ハイブリッド日本食レストランOISHI BIZTOROをオープンした大石については、私たち(大石)は、それぞれの状況における市場のギャップと消費者の需要を埋めるために、成長の機会を創出し、ビジネスモデルを多様で包括的なものに調整することに引き続き注力しています。継続的にポートフォリオを強化し続ける品質を重視した「SHABUByOISHI」という名前の新しい日本食レストランブランドの立ち上げ本物の日本のしゃぶしゃぶレシピに従って、手頃な価格で手頃な価格で本物の日本のしゃぶしゃぶレシピに従って料理の食材を味わうことを強調しながら「個人的なしゃぶしゃぶ鍋」または1つの鍋での贅沢と安全。今日の消費者の衛生と食生活に完全に適合します」とNongnooch氏は付け加えました。

「しゃぶByOISHI」(SHABU By OISHI)は楽しい体験を提供する準備ができているからです。 本物の和牛しゃぶ味の魅力を通して和牛(レベルA4)、オーストラリア産和牛、オーストラリア産牛(スロート(チャックロール))、アメリカンビーフ(胃)(アメリカンビーフ(ショートプレート))など厳選された食材を使用)、黒豚、豚腹。 、など。 プレートごとにスライスされた新鮮なプレート。 細心の注意を払って煮込んだオリジナルのスープに。 しゃぶしゃぶ汁、すき焼き汁、味噌汁、だし汁の4種類のレシピがあります。 最大2つのフレーバーを(同時に)お楽しみください。自由にお気に入りのメニューを作成できます。 2つのサービスを通じて:

-ビーフポークシーフードを使ったアラカルトサービス(アラカルトメニュー)ポークグループのおすすめメニューは、109バーツの「ポークベーコン」メニューと、ビーフグループの「リベイ」メニューです。中型(M)シングルの開始価格である139バーツ。 豚肉の定食などの特別メニューもあります。 (または牛肉)メニューのXXLサイズ、和牛A4レベルも。

-セットメニューサービス、コンプリート、便利、コンプリート1セット各セットは、スープ(2種類から選択)、ミックス野菜(小セット)、日本米(またはうどん)、新鮮な卵、ポンズディップ/こまだれのメインコースを提供します。グループにおすすめです。 ベーコンポークセットメニュー」(1セット259バーツ)、「USビーフセット」(腹部)などの牛肉グループは1セット339バーツなど。

さらに、「SHABU By OISHI」は、サービスに統合された革新と最新技術を通じて、違いを生み出し、刺激的でおいしいものにする準備ができています。 ハイライトは、食品が自動食品配送システムまたは列車のコンベヤーによって提供されることです。これは、高速で手間がかからず、テーブルに直接配送されます。 個人の携帯電話でのQRコード読み取りによるセルフサービスの食品注文システムと非接触型決済システムを含みます。

本物の日本のしゃぶしゃぶ味の魅力で、一瞬一瞬の至福を体験してください。 本日「しゃぶし」(SHABU By OISHI)で正式に発売される手頃な価格で、(1)しゃぶし、ファッションアイランド支店(ラミントラ)(3階)と( 2)しゃぶし、セントラルブランチプラザグランドラマ9(6階)

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です