「安倍晋三」の背景暗殺者、山上哲也。

クロニクル・ピープル・イン・フォーカス:山上哲也、暗殺者「安倍晋三」の歴史

山上哲也氏は、安倍晋三元首相の衝撃的な死後、最近世界で耳にされている名前です。 7月8日の奈良でのスピーチ中

山上容疑者は、人工散弾銃を2発発射した後、警備員に逮捕された41歳の男性で、有罪を認め、現在殺人罪で起訴されています。

今回、山上さんの情報はマスコミを通じて絶えず公開されており、特に元自衛隊将校の話があります。 海軍で3年間使用

攻撃の動機については、山上氏は「平和の父」としても知られる世界調和平和家族連盟(FFWPU)として知られる宗教団体に対する不満を挙げた。 母親が会員であり、家族が倒産するまでそのお金を使って功績を上げた「統一教会」。

「岸信介前首相(安倍首相の祖父)がグループの拡大に貢献したと思います。 だから私は殺すことを考えました。 安倍元首相、孫」、NHK通信社山上氏の証言を引用

日本支部ユニティ教会の会長は、山上さんのお母さんが実は教会員であると明かしましたが、安倍さんも含めて山上さん自身が教会員でした。 決してこの教会の会員ではありません

山上さんも現在失業中です。 しかし、山上と一緒に働いていた元同僚は、山上は普通の人であり、真面目な人のように見えたと言いました。

京都府の海運会社で山上で働いていた友人は、山上は少しおしゃべりだと言った。 友達と私生活を明かさず、仕事について話すだけです。 ランチタイムは山上「自家用車で一人で食べる」

2020年10月から入社した山上は、最初の6ヶ月は仕事に支障はなかったが、3月以降は山上が仕事を怠り始めた。 そして、欠席主義の問題は一度もありませんでしたが、「心臓」の問題やその他の病気を理由に無許可の休暇を取り始めました。 そして山上氏の雇用は2021年5月15日のみで終了します。

NHK通信はまた、山上首相が銃撃の前日に岡山でキャンペーン演説を行ったため、安倍首相の暗殺を計画していると証言したと報じた。 しかし、攻撃の計画は最初にキャンセルされなければなりませんでした。 イベントに参加するために登録する義務があるため

調査によると、山上氏は「YouTube」から銃器の発明を研究し、3、5、8口径の多くの種類の銃器を発明しました。山上氏は山岳射撃も練習しました。 最も強力な銃を選択し、オンラインで購入した弾薬を使用して殺します。

この日本での悲劇的な事件は、安倍首相の葬式と加害者の起訴で終わらない。 しかし、今後このドラマが再発しないように、さまざまな活動のキーパーソンのセキュリティ体制を厳しくする必要があります。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です