「日経フォーラム」は、IPEFに参加するメンバーを見つけることを望んで、深く開かれます

環球時報によると、ASEANの指導者には、シンガポールのリーシェンロン首相とマレーシアのサブリヤコブ首相が含まれています。 プラユット・チャンオチャ将軍 タイの首相とカンボジアのフン・セン首相は、アジアの未来に関する国際会議、第27版、別名 「日経フォーラム」 今年はテーマの下で開催されました。 「分断された世界で再定義されたアジアの役割」 東京で5月26日から27日まで、アジア太平洋諸国の指導者や高官を含む

日経は1995年から毎年このイベントを開催しています。アジアで最も重要な会議の1つとして知られています。 政治、経済、学術セクターのリーダーが地域の問題と世界におけるアジアの役割についての見解を表明する場所

このイベントは、クワッドリーダーが東京で2度目の対面を行った直後に開催されました。 アナリストは環球時報に、舞台裏の出来事は首相による継続的な努力であると語った。 岸田文雄、地域諸国に経済協力の枠組みへの参加を促すインド太平洋(IPEF) 米国が主要な参加国であるところ日系フォーラムがIPEFに参加 ほんの数人、ほとんどが参加しませんでした。

IPEF クアッドメンバーに加えて、米国、日本、オーストラリア、インドを含む13のコアメンバー、韓国などの米国の地域パートナー、シンガポール、マレーシア、ブルネイなどの少数のASEANメンバーがいます。

ワシントンに本拠を置くシンクタンクである戦略国際問題研究所(CSIS)は、ほとんどの東南アジア諸国は、米国と中国の間の選択を余儀なくされる可能性のあるIPEFと政治化からの中国の排除について懸念を持っていると述べた。 。 そしてIPEFの構造は不明確です。

「岸田がIPEF問題を提起したり、日経フォーラムの代表団に圧力をかけようとしたのも不思議ではありません。 しかし、中国と緊密な関係にあるカンボジアのような東南アジア諸国は、異なる反応を示す可能性があることを彼は理解しなければなりません。 海南熱帯海洋大学ASEAN研究所の学部長であるGuXiaosongが環球時報に発表されました。

上海研究所の研究者である趙ガンチェン氏は、これまでのところ、インド洋地域でIPEFに署名したのはインドだけであり、IPEFが正式名称とは見なされていなかったことを示していると述べた。

Zhen Xiangmiao南シナ海国立研究所の助手研究者は、米国が日本にIPEFを回復するためにこのプラットフォームを使用するよう要請するかもしれないと述べた。

これらはアナリストスリランカ、バングラデシュ、ASEAN加盟国などの南アジア諸国にIPEFに参加するよう説得することは、岸田の議題の重要な出来事になると思います。 しかし、それは有望に見えません。

ジェンはまた、この地域の発展途上国がIPEFに参加できるようになるまで、職場でのサプライチェーンの福祉と環境への配慮に関するIPEF基準が高すぎると警告した。市場は混乱に陥るだろう。 ASEANでも違いがあります。 「したがって、この地域の国々は参加に消極的かもしれない。」

シンガポールの首相は数日前に日経に、中国の発展はこの地域にとって良いことだと語った。 しかし、アジア太平洋諸国はまた、日本、米国、ヨーロッパなどの他の経済との非常に重要な関係を維持したいと考えています。

李首相はまた、ビビアン・バラクリシュナン外相などの高官を東京に連れてきた。 マレーシアのサブリ・ヤコブ首相には、サイフディン・アブドラ外相とマレーシア国際貿易産業大臣YBモハメッド・アズミン・アリが同行した。

この見に来た人々を見ると、参加者は、政治的なゲームをしたり、中国を挑発したりするよりも、経済発展などの二国間トピックや投資や貿易などの相互に有益な分野について話し合うことを好むかもしれません。

中国のアナリストはまた、岸田首相がこの機会を利用して、ASEANとアジア太平洋の指導者にロシアを非難するよう圧力をかけるだろうと予測した。 しかし、冷戦スタイルの考え方が地域の発展に役立たなかったため、ゲストによって拒否される可能性があります。

レビュー投稿者….SureeSilawong

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です