「Ammo=money」は、死と恐怖を犠牲にしてアメリカの銃貿易の成長を開く-THE NORM

タイム誌5月26日号の表紙画像。 これは、今年大量射殺が行われた米国の都市のリストの写真です。2022年以来少なくとも213件の致命的な事件が発生しており、その多くは学校で、または最大27回発生しています。

TIMEは、かつては自由の国と呼ばれていた国の現実を振り返りたいと考えていました。 しかし今、それは死者の国になり、誰もがいつでも準備することなく世界を去る権利を持っています。 感じずに人を殺すことができる無情な死刑執行人の手で。

画像: タイムマガジン

しかし、右隅に「十分」または「十分」と書かれた大きな赤いテキストが付いたTIMEの表紙は、状況を和らげることはできませんでした。 それどころか、いつも同じ撮影シーンがありました。 6月7日からの派遣によると、少なくとも11回の銃乱射事件が発生したと結論付けられた。


関連ニュース


2022年から要約すると、ガンバイオレンスアーカイブはいくつかの衝撃的な統計をまとめました。今年の銃乱射事件で少なくとも18,966人が死亡し、少なくとも36,333人が負傷し、過去5年間の銃乱射事件での死者数は95,000人を超えました。

これは信じられないほど、非常に気のめいる情報でした。 そして、この問題に関する決定的な行動の呼びかけを引き起こしました。 なぜなら今、恐怖は米国中の人々の心を飲み込んだからです。

最も重要な問題は銃規制法に関するものです。 人々が同意するのは問題リストの1つです

しかし、この質問への答えは沈黙だけでした。 そして死の商人の邪悪な笑顔

あなたが死ぬほど、彼らはより豊かになりました。

ビールを買うよりも銃を買うほうが簡単です。

この時期の最も記憶に残る撮影の1つ、ロブ小学校を追体験してください。 5月24日にテキサス州ユヴァルデで。 そして、ニューヨークのバッファローの黒い近所のスーパーマーケットの真ん中での撮影。 著者は両方ともティーンエイジャーでした。

10代の若者が銃を所有できるようにすることは、今や熱く議論されている問題です。

銃の取引

故人の親戚は、ロブ小学校で21人の銃乱射事件の後、喪に服して首を抱えている。 これは、米国の歴史の中で最も致命的な銃乱射事件の1つです。 サンディフック小学校での2012年の撮影後(画像: ブランドンベル/ゲッティイメージズ)。

事件の起源は、アメリカ人が銃器を所有する正当な権利を持っていると述べている憲法改正のセクション2への言及にさかのぼる必要があります。 身を守るために使用するこれにより、アメリカの10代の若者は、ビールの缶を購入する前に銃を購入することができます。

ライフルの価格は500ドル、つまり約17,000バーツとそれほど高くはなく、ピストルの場合はわずか200ドル、つまり約6,900バーツです。 限定版のスニーカーより安いです。

連邦法では、銃店および正規販売店は21歳未満の人への拳銃の販売を禁止していますが、18歳以上の人にライフル(ライフル、ショットガン)を販売することはできます。 年齢制限のない人に。

アメリカで銃を所有する自由は、自由という言葉の一番上にあります。

しかし、その自由には損失のリスクが伴います。 なぜなら、若者は成熟度が低く、すでに暴力に満ちているソーシャルメディアと組み合わされているからです。 それはすべてをさらに悪化させました。 これらのティーンエイジャーは活動的な年齢であり、抑制が不足しているためです。

銃の取引

画像: ジョシュアロット/ゲッティイメージズ経由のワシントンポスト

恐れ=売り上げの増加

ヘビが尻尾を噛むのと何ら変わりはありません。 アメリカ全土での絶え間ない銃撃の後、何が起こったのですか? 所有している銃を購入することで人々の間の問題を解決し、銃のビジネスを血痕、死体、涙で繁栄させます。

しかし、情報をたどると、特にコロナウイルスのパンデミック後、米国での武器販売数は増加し続けていることがわかります。

フォーブスによると、米国の銃器の年次報告書を引用すると、2020年の銃の売上高は228億に達するでしょう。 (月平均190万本)、前年同期比64%増。 売上高が2021年に1990万本(平均で月間160万本)に減少し、2022年の最初の4か月で月間150万本に減少する前。

Small Arms Analytics and Forecastingは、2022年の最初の4か月で、2019年に590万個の銃器が販売され、同期間に460万個のシリンダーが販売されたと推定しています。

からの調査結果 国立射撃スポーツ財団によると、1380万人のアメリカ人が2020年と2021年に最初の銃を購入する予定です。

パンデミックが経済に深刻な打撃を与えたため、ドナルド・トランプ前大統領が戒厳令を宣言したことが、銃がコビッド中に売れる理由の分析がある理由です。 混乱を引き起こし、多くの人を奪って殺し、人々をパニックに陥れ、身を守りたいと思っています

2020年5月、反暴力の抗議により、ミネアポリスの警察官は、窒息死し、2020年5月に亡くなった黒人のジョージフロイドを逮捕しました。銃の売り上げも140万人に達しました。

アメリカ人は世界の銃のほぼ半分を所有しています。

小型武器調査を引用しているCNNからの衝撃的な統計もあります。 スイスのSASは、100人のアメリカ人が平均120.5発の銃器、つまり1人あたり1,205発の銃器を持っていることを発見しました。

この平均はどれくらい高いですか? これは、2位のフォークランド諸島をはるかに上回り、ほこりを残していません。 フォークランド諸島の100人が62丁の銃を持っているのに対し、3位は人口100人のイエメンが53丁の銃を持っているからです。

一方、韓国や日本のようなアジア諸国の銃所有率は、100人あたり0.2丁です。

銃の取引

また、SASの調査によると、世界中で銃を所有している857人のうち、393人がアメリカ人であり、世界の銃所有者の46%を占めています。

悪魔の笑顔

銃の所有者の数と銃の販売の数は、ここ数年で指数関数的に増加しています。 これは、幸福への恐れを含むさまざまな要因から生じます。これにより、アメリカ人は他人に頼るのではなく、自分自身を守りたいと思うようになります。

武器商人が一番多い人。 Shooting IndustryMagazineの編集者であるJadeMoldaeによると、ある社説では、「前例のない、止められない、オープンマインド、長く、混沌とした、がっかりするなど、過去2年間を説明するために使用できる言葉がたくさんあります。など。しかし、役に立つかもしれない別の言葉があります。「機会」という言葉」

ジェイドモルダエでは、COVIDの2年間に起こったことは、銃事業が飛躍的に成長する機会であり、スタームルガーアンドカンパニーは2019年から2021年の間にほぼ粗利益を生み出しました。2億8000万ドルまたは97億バーツのいずれか大きい方。 会社の歴史の中で。

スミス&ウェッソン、アメリカ最大の銃器メーカー。 発生以来5億ドルまたは170億バーツ以上を稼ぐ可能性があります2020年10月、1億ドル以上を稼いだ唯一の月で、同社は従業員に記念コインを発行しました。

米国の銃事業の概要については、Olin Corporation、Smith&Wesson、Sturm、Ruger&Co、Ammoの4つの主要企業がオンライン銃のWebサイトです。 コビッドまたはダブルノーマルの間に20億または690億バーツ以上の利益を上げることができます

そして、上で述べたように、射撃は武器の販売をさらに増やしました。 誰もが私たち全員が自分自身を守る必要があると信じているからです。 しかし同時に、それは銃が信じられないほど簡単に悪者の手に落ちることを可能にする抜け穴を広げます。

しかし、米国の銃所有法を変更することは簡単にできることではありません。 それは、米国で最も政治的に影響力のある組織の1つである全米ライフル協会(NRA)のような団体の影響力と戦うことを意味するからです。

銃の取引

原子力規制委員会は、政治家にロビー活動をするために莫大な金額を簡単に使うことができると理解されています。 また、全米に500万人以上の会員がいます。 それについての意思決定に役割を果たすさまざまな組織に浸透します

銃の所有権についてのアメリカの信念に頼らないことは、スズメバチの巣をからかうようなものです。 それは、政治家の間で人気投票が簡単に失われることを意味する可能性があります。 これは、多くの重複するディメンションを伴う複雑な問題です。

そして、それは誰も望んでいない結論を意味する可能性があります。 アメリカでの銃の貿易は成長し続ける可能性が高いからです。

準備ができていないままにしておかなければならなかった人々の死体の上に一生後悔して生きなければならない人々の涙そして私たちの番があるかどうかを知らずに生きなければならない人々の恐れ。

参照:


フォローするチャンネル 標準的な富


ツイッター: twitter.com/standard_wealth
インスタグラム: instagram.com/thestandardwealth
公式ライン: https://lin.ee/xfPbXUP

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。