「AnyMindGroup」がシリーズDで40億円を調達し、次世代商取引を後押し

エンドツーエンドのビジネス支援企業であるAnyMindGroupは本日、シリーズDの資金調達で40億円(約2,940万ドル)以上を調達したと発表しました。これまでに、同社は合計で約9,170万ドルを調達しました。 また、みずほ銀行から10億円の信用枠を確保しました。 それも。 AnyMind Groupは以前、2021年1月にマーケティング会社ENGAWAENGAWAの海外買収でシリーズCの株式を発行していました。

このシリーズDの資金は、JICベンチャーグロースインベストメンツ(JICベンチャーグロースファンドIインベストメントリミテッドパートナーシップ)、ジャパンポストインベストメントコーポレーション(ジャパンポストインベストメントI、ILP)、野村スパークスインベストメント(ジャパングロース)などの新規投資家からのものです。 キャピタルインベストメントコーポレーション)、および既存の投資家である三菱UFJキャピタル(三菱UFJキャピタルVII、リミテッドパートナーシップ)とのPROTOベンチャーズ株式会社(PROTOベンチャーズ2インベストメントリミテッドパートナーシップ)。

この資金は、将来の活動や買収において会社の安定と発展を強化するために使用されます。

このシリーズDの募金活動で、AnyMindGroupのCEO兼共同創設者である曽我浩介は次のように述べています。 、私たちはアジア全体で経済を見てきました。 特にASEAN諸国とインド。 ビジネスの成長のダイナミクスは明らかに逆転しました。 したがって、私たちは、私たちの目的に従って事業を発展させ続けることを決意しています。 成長のための投資と収益の構造を改善しながら、合併や買収を通じて能力を拡大します。 アジアのビジネスリーダーであり続けます。

3月、同社は商用チャットプラットフォームであるAnyChatを立ち上げました。 そして4月の後半に、AnyX eコマース管理プラットフォームを立ち上げました。これは、複数のeコマースチャネルを単一のプラットフォームに統合することにより、管理を通じてeコマースビジネスの運用を最適化します。 この資金調達は、プラットフォーム全体をより効率的にし、会社が事業を展開している各国の市場シェアを強化するために使用されます。

さらに、将来の買収のために資金が準備されます。 国内外でこれまでに、AnyMind Groupは、日本、香港、タイ、インドを含むいくつかの国で合計7社を買収しました。 同社はビジネスのリーダーシップを獲得することに加えて、ビジネスを新しい地域に拡大し、より多くのビジネスチャネルを開くことも望んでいます。

2021年、AnyMindGroupは1億7400万ドルを超える収益を達成しました。 収益成長率(2017-2021)は62%

AnyMind Groupは2016年にシンガポールで設立され、その後東南アジアに拡大しました。 東アジア、インド、中東2019年、同社は本社を東京に移転しました。 日本現在まで、AnyMind Groupは13か国に17のオフィスを持ち、27か国の1,000人以上の従業員を擁しています。

AnyChatの立ち上げに先立ち、同社はAnyFactory生産プラットフォームとAnyLogiロジスティクス管理プラットフォームを開発して立ち上げました。 その後、広告スペースを提供するメディア企業とコンテンツ制作会社にそれぞれ拡大しました。

AnyMindグループのエンドツーエンドのビジネス提案

AnyMind Groupがツールキットを構築および改善するにつれて、過去2年間の変化が起こりました。 同社は、この改善が次の時代にビジネスを行うための鍵となることは間違いないと予測しています。 起業家は、国境のない単一のプラットフォームでビジネス全体を管理できます。 よりオープンにビジネスをさらに成長させるために必要なデータセットを使用することもできます。 それを「次世代コマース」と呼んでいます

同社のさまざまな製品活動やキャンペーンの中で、曽我浩介は次のように述べています。 次世代企業の基盤となるイノベーションを改善・発展させること。 長年にわたり、私たちは、単独で使用でき、ビジネスをより効率的に運営するためのツールとして一緒に使用できるエンドツーエンドのビジネスプラットフォームを開発してきました。 しかし、これは私たちにとってほんの始まりに過ぎません。 エキサイティングな活動を始めたばかりだからです。 »»

タイのカントリーマネージャーであるYesPansakLimwattanayingyong氏は、次のように述べています。 Anymindのツールを高品質のカスタマーサービスチームと組み合わせて推奨する準備ができています。 顧客のマーケティングをよりエキサイティングにし、顧客の売り上げの増加を目指すこともできます。

2016年4月に設立されたAnyMindGroupは、ビジネスをさらにエキサイティングにすることを目標とするエンドツーエンドの企業です。 同社は、ブランドとビジネス、インフルエンサーを含むメディアの2つの部門にサービスを提供しています。 ブランドと企業向け同社には生産プラットフォームがあります。 Eコマースビジネス管理マーケティングと配送、メディアとインフルエンサーのモバイルアプリウェブサイトサービス会社さまざまなメディアのインフルエンサーとクリエイターが収益を上げるためのプラットフォームを備えています。 エンタープライズパートナーのお客様は、ブランドおよびエンタープライズ向けのサービスを表示することもできます。 現在までに、AnyMind Groupは、JAFCO Asia、VGI、日本郵政キャピタル、JIC VGIを含む(ただしこれらに限定されない)投資家から9,170万ドルを調達しました。 AnyMind Groupは、シンガポール、タイ、インドネシア、ベトナム、カンボジア、マレーシア、フィリピン、香港、台湾、中国本土、日本、インド、アラブ首長国連邦の13か国の17のオフィスで1,000人以上を雇用しています。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です