「Bas-Po Por」は依然として世界第 1 位ですが、「Nong May」は 7 位に上昇し、「View Kulwut」は 11 番目の手を保持しています。

2022 年 9 月 7 日水曜日、午後 2 時 21 分

2022 年 9 月 7 日、バドミントン世界連盟または BWF によると、世界バドミントン プレーヤー オブ ザ ウィーク ランキングが発表されました。 タイの選手側では、2022 年末の世界選手権の第 3 ラウンドを欠場したものの、混合ダブルスのタイの “Bas” Dechapol Puavaranukroh と “Po Por” Sapsiree Taerattanachai のようです。 9月4日(日)のジャパンオープン2022で優勝することで、すぐに償いをするようになりました. これにより、「Bas-Por」は世界1位の座を堅持することができ、「M」Supak Chomkoと「Fame」Supisara Pure Sampranのペアは19位にランクされました。

女子シングルスでは、「メイ」ラチャノック・インタノンがインドのPVシンドゥに代わって世界8位から7位に浮上、「ミュウ」ポーンパウィー・チョチュウォンが世界10位、「クリーム」ブサヌン・ウンバムルンファン、12番目のワールドハンド

男子シングルスの部では、“ビュー”クルウット・ウィジサンが好調を見せ、世界最後の準優勝を獲得した。 世界ランキング11位

女子ダブルスのカテゴリーでは、”Gift” ジョンコルファン キティタラクルと “View” ラウィンダ プラジョンジャイが 8 回目のワールド マニュアルを保持し、”Earth” プティタ スパチラクルと “Po Por” サプシリー テが優勝しました。 Rattanachai は 1 位に落ち、世界で 15 位を占めました。 先週のリーダーボードで。

写真提供: タイ バドミントン協会、タイ バドミントン協会



Hino Kou

「どこにでもいる動物の友達。コーヒーマニア。腹立たしいほど謙虚なソーシャルメディア愛好家。音楽中毒者。主催者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。