「Krungsri-MUFG」は50億バーツ以上の「野村パッタナシン」を買収する契約を締結。

Webサイト 日経アジア 本日(6月30日)、三菱UFJフィナンシャルグループまたは「MUFG日本最大の金融コングロマリットは、証券会社の1億5300万ドル相当の株式の90%、つまり約54億バーツを購入することに合意しました。 野村ファタナシン 同社傘下のタイの子会社であるPublicCompanyLimited野村ホールディングス 日本初の証券会社

この契約では MUFG 顧客を豊かにし、個人投資家を引き付けることを目的としています資本市場で株式を購入することでもっと 野村証券パタナシン 合格アユタヤ銀行 すでにMUFGグループの一員である公開会社

アユタヤ銀行の声明を読む :BAYは55億バーツを投資して「野村証券パッタナシン」を買収し、証券事業を強化。

日経アジアは、証券が野村ファタナシン に長所があります投資ファンドのオンライン販売

日本のメディアは、この動きが証券取引所タイの活況を呈しています。 タイは東南アジア最大の資本市場です。 取引高は約40.4億バーツで、投資家近年、市場は20%以上成長しています。

2013年に MUFG 銀行買収アユタヤ 資産と買収でタイで5番目に大きい銀行です 野村証券パタナシン この日本の金融グループを作りますタイの企業は銀行によってカバーされています。 証券への投資

タイトルが野村ファタナシン 元の名前 パタナシンタイトル 事業を売却する前に野村グループ2014年からタイの野村の子会社になりましたが、過去には 野村グループグループに入る会社を経営する法人顧客 これには、M&A(M&A)アドバイザリーサービスが含まれ、野村ファタナシン

ただし、野村グループは今後もタイの企業や富裕層を対象とした事業に注力していきます。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。