「Plan 75」のように「スピードアップ」することはできませんが、「先のケアを計画する」ことで「よく死ぬ」ことを選択できます。

■今読んでいるもの 映画「プラン75デイズ・トゥ・ダイ」の内容の一部が公開されました。

「今日、政府は、日本社会の高齢化の問題に対処するために、自殺を希望する75歳以上の人々に支援を提供するための75州計画を制定しました。」 の抜粋映画「死ぬことを選ぶ75日間の計画」 これは、プロットの静けさについて、日本の高齢化社会について明確に言及しています。

この映画は逆の考え方を映し出している。 つまり、「高齢者」が社会の「負担」と見なされる場合、政府は75歳以上の人が「安楽死」プログラムに参加できるようにする法律を起草しましたが、寄付するお金はまだあります. 人生の最後を楽しく過ごすための10万円

もちろん、誰もがそれぞれの理由を持っており、「死」はおそらく人間ができる最後のこと、または「選択」することです.

for Thailand 今日、法律は医師が意図的な殺人によって罰せられる「安楽死」を行うことを許可していません。

しかし、私たちは選ぶことができます 「よく死んだ」 国民健康法第 12 条によると、BE 「終末期の死期を引き延ばすことを意図した公的医療サービスを受けることを望まない」 本を通して 「リビングウィル」

ひもの間を一人で「行く」必要はなく、病院の穴に掘られたが、恋人同士の暖かい家で人間の尊厳を十分に持って最後の日を生きることができる.支持療法を受け、平和に長い旅をする.

スッティポン・ワソパホール 国民健康委員会の副事務総長は、仕事を通して言います 「第4回サロン・デュ・ボヌール・ア・デスティネーション」 2022 年 9 月 16 日のコンセプト「目的地での幸福のための人生の計画と準備」の下で、終末期の意思表示が患者、家族間のコミュニケーション ツールとなるアドバンス ケア プランの一部であることを一部に明記患者が意思疎通ができないときは、家族や主治医と連絡を取ってください。

2

ただし、公衆衛生サービスを受けない意思表示書を作成する方法は、18 歳以上で、正常に意思疎通できる良心がある人から作成できます。 また、本を作成する際の注意を除いて、どこにでも書くことができます。これは、公衆衛生の専門家の助言を求める必要があります。

同時に、対象者が自分で書くことができない場合は、代わりに他の人にメッセージを書いたりタイプしたりするのを手伝ってもらうことができます。 著者の姓、名、身分証明書番号を指定する。 指紋の場合は、両方の人の指紋を証明する証人が必要です。

もちろん、本の作成には、同意する証人が必要です。そうでない場合は、正確性に疑問がある場合の確認目的以外にはありません。証人は、家族など誰でもかまいません。 信頼できる親戚または公衆衛生の専門家

趣意書を書く上でのもう一つの重要な部分。 これは、本に記載する必要がある情報です。 完全な、姓、名、身分証明書番号、およびその人の電話番号であるかどうか、手紙を書いた日付、月、年、関係者の名前、姓、ID カード番号を含む本 の 著者 と する 者 の 名前 を 特定 する ことが できる . 本 の 著者 の 本音 を 説明 する 義務 . 明確に示されていない そのように識別された人物については、彼の署名が必要です。 同意書の身分証明書番号も

また、気管挿管などの「望ましくない医療サービスの種類」や、任意の場所で死亡する意向、精神的な治療を受けたいなどの詳細についても言及する必要があります。 と伝統宗教信仰の実践

Tajima Setsuko

「情熱的な旅行ファン。ゾンビのスペシャリスト。ゲーマー。内向的。熱心なビール忍者。音楽愛好家。完全なウェブ中毒者。筋金入りのトラブルメーカー。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。